カテゴリー別アーカイブ: ヨルガ

◆3/4(土)みとせのりこ×弘田佳孝 「yorlga2」発売記念ライヴ【 帝都復興機関詞 第二節 】@吉祥寺吉祥寺 Star Pine’s Cafe

20170304_bn_01_1200_600

長とお待たせいたしましたアルバム「ヨルガⅡ」もとうとう弥生朔日のお目見え。その日より数えること三夜、すなはち3月4日の土曜、大正百年の1月15日から7年の時を経て再び、帝都に大正元号の楽の音が響きます。

初作のライヴタイトルを引き継ぎ「帝都復興機関詞 第二節」と銘打って、満を持してのレコ発ライヴ。1作目の発売ライヴでは、ロビーにて鉱石アクセサリーや骨董、和柄Tシャツやグッズなどを集めた「一五市」を開催、好評を博しましたが、今回の「第二節」でもさらに充実の市を開催いたします。今回は同じ音でも「一期市一」。一期一会の出会いがございますれば幸いに存じます。出店の名前は追っておしらせいたします故、もう暫しお待ちを。

会場となる吉祥寺すたーぱいんずかふぇーの皆様も、今から素晴らしき宴の酒盃に美味なる食を準備してくださってをります。市に酒食に楽の音に、人に笑いと揃いましたら、其処は紛うかたなき一夜の祭りの社となりませう。

紳士淑女の皆々様、7年ぶりの帝都復興の音楽祭、和装のみならず大正レトロに装って、否々衣類には及ばずともそのお心を祝祭にて装い、どうぞ共にこの宴の一員となってくださいますよう、心より御願い申し上げます。

 

◆みとせのりこ×弘田佳孝 「yorlga2」発売記念ライヴ【 帝都復興機関詞 第二節 】

同時開催:一期市
※会場内のみでの開催市
出店店舗
・和柄Tシャツ工房

とき:2017年3月4日(土) 開場17:00 開演18:00

ところ:吉祥寺 Star Pine’s Cafe (http://mandala.gr.jp/SPC/

出演:みとせのりこ(Vo)
kulko=弘田佳孝(Bass)
佐藤真也(Pf/Key)
福田真一朗(G)
諏訪昌孝(Dr)

Charge:ご予約 ¥3,900(1Drink別)/ 当日 ¥4,400(1Drink別)

ご予約方法:イープラス
【お申込受付URL】http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002214146P0030001
※お申込先着順受付、抽選なし
※定員に達した場合はその時点で受付終了となります

ご予約受付開始日:1/21(土) 10:00~
※申し込み先着順に整理番号あり

■イープラスでの購入にはイープラスへの会員登録が必要になります。
■「クレジットカード決済、スマチケ#受け取り」「コンビニ支払い、コンビニ発券」にした場合、手数料は一切かかりません。
#スマチケ:イープラススマホアプリ利用での電子チケットサービス
が、それ以外の方法の場合、チケット代金以外に、システム利用料(1枚につき216円・チケット代金に加算)、コンビニ店頭発券手数料(1枚につき108円・チケット発券時に支払い)が発生します。チケット受け取りを郵送にした場合、送料がかかります。
⇒手数料一覧:http://eplus.jp/page/eplus/whats/receive.html
■整理番号は発売開始(10:00~)後、先着順に付与。予約流れがあれば流れた翌日10:00より若番から順に再販されます。
※整理番号はチケット購入時に確認出来ます。

整理番号について:
入場整理番号は開場時まで有効です。当日はこの番号順にご整列頂き、順にご入場頂きます。ご来場いただく全ての方の分の椅子をご用意しておりますが、お席は自由に選んでいただく形になりますので、お席の位置にご希望やこだわりをお持ちの方は、お早目のお申込をお奨めいたします。

■同時開催:一期市
※会場内のみでの開催市
出店店舗一覧

・和柄Tシャツ工房~靖~

20170217_170221_0002 20170217_170221_0001 20170217_170221_0003 20170217_170221_0004
ライヴTシャツ、トートバッグ、他
http://sei777.com/
https://twitter.com/sei_information

・SUNbath
シルバーアクセサリー
http://www.sun-bath.net/top.html
※画像が届きましたらアップいたします

・Fine Art

tqfa_DL8BszQemp5
https://twitter.com/FineArt0508
アクリル雑貨、アクセサリー、サンドブラストグラス他
※画像はFine Art丁稚の波岡さんの品です、追加がありましたらまたアップいたします

◇12/29(木) みとせのりこ+弘田佳孝[ヨルガバンド]「お座敷Rock・弐会~隊歌零番、斉唱~」@代官山 晴れたら空に豆まいて

bn_02_1200_600

真夏のお座敷で繰り広げられたヨルガバンドによる繚乱のお座敷Rock再び! 年内の恥はかき捨て。夏と同じメンバーで、解き放たれたおどる阿呆どもによる、愛すべきおどる阿呆の皆様のための歳忘れの宴、「お座敷Rock・弐会」。今回も会場はすべて畳敷きのお座敷仕様です。

作曲作詞も進みつつ収録もデザインも動き始め、いや増して濃密になって参りました「ヨルガⅡ」。もはや恒例と言ってもよさそうな歳末みとせライヴ、今年はアルバム制作のイキオイのままに、ヨルガバンドによる「お座敷Rock・弐会」で歳忘れにしとうございます。

「弐会(にかい)」とは、かつて江戸吉原で花魁(高位の遊女)の客になるためにあった習慣です。当時花魁に会うためには、茶屋を通して席を申し込まねばなりませんでした。初めて会う席は「初回」と呼ばれ、顔を見せるだけで帰ってしまいます。次の席を「弐(二)会」といい、初回と違って酒食や音曲、宴を共にして少し打ち解けた話など。そして漸うその次の「参(三)会」にして、初めて花魁と床を共にできたそうです。

お座敷Rockはこれにて二度目。初回の「お座敷って何!?」「ヨルガバンド、何をやらかすの!?」という手探り(にも関わらずあれだけメンバーも参加者様も弾けまくった)の初会よりも、さらに楽しい(Mode:O.A.=オドルアホウな)宴を共にすることができましょう。

そして帝都臣民の皆様にいち早い号外! 夏のLIVEで初演奏し(異様な)人気を博した「あの曲」が、なんとアルバム発売前に先行配信されることになりました!(TEAMさんのご尽力とオトナのよき悪ノリに心から感謝でございます。配信開始日が決まりましたらあらためておしらせいたします)
となれば此処は是非とも皆様と共に、斉唱してこの歳を納めたい!と願うが人情というものでございませう。

そして「ヨルガⅡ」が世に出た暁には、本会ともいわれる「参会」が催せますように、主様方との絆をつなぐこの歳末の「弐会」、どうぞ再びの「お座敷Rock」、この年の最後に主様のお顔が見られますよう、皆様のお越しをお待ち申し上げておりぃす。 ——あ。和装割引(洋装に羽織だけ羽織るとかでもこの際OK!)、アリマス。

とき:
2016年12月29日(木) 開場18:00 開演18:45

ところ:
代官山 晴れたら空に豆まいて http://mameromantic.com/

出演:
みとせのりこ(Vo)
kulko=弘田佳孝(Bass)
佐藤真也(Pf/Key)
福田真一朗(G)
諏訪昌孝(Dr)

Charge:ご予約 ¥3,800(1Drink¥600-別)/ 当日 ¥4,300(1Drink¥600-別) SoldOut 有難うございます
※和装来場割引¥100アリ

ご予約受付開始日:11/2(火) 00:00~
※11/1(月)深夜24:00、と言った方が感覚的には間違えにくいかもしれません
※メール先着順に整理番号あり、申し込みフライング無効

ご予約方法:
「晴れたら空に豆まいて」メール受付のみ http://mameromantic.com/
※サイトの「前売り予約」ページ⇒メールでのご予約へ進んで頂き、申し込みフォームに必要事項を記入の上送信して下さい。

※お申込メールのタイムスタンプによる先着順受付、抽選なし。
※定員に達した場合はその時点で受付終了となります。

・整理番号について
お申込を頂いたメールのタイムスタンプの順番に、開場時間まで有効の入場整理番号を付与致します。当日はこの番号順にご整列頂き、順にご入場頂きます。早めのご入場をご希望の方はお早目のお申込をお奨めいたします。

[セットリスト]◇8/14「お座敷Rock」~ヨルガ第二晶迎夜祭~@代官山 晴れたら空に豆まいて

0814

みとせのりこ[vo] / 弘田佳孝[bass.cho.] / 佐藤真也[pf.key.] / 福田真一朗[g.] / 諏訪昌孝[dr.]

0016_large   0018_large 0069_large 0066_large 0113_large ※stage photo by Namiwo Namioka

【他の画像&レポートまとめ】みとせのりこ2016年8月ヨルガ第二晶迎夜祭2DAYS ナミヲカ速報 – Togetterまとめ⇒

<第一部>
01.異界の底に棲むモノは(作曲:弘田佳孝 作詞:みとせのりこ)
02.セカイは僕の睛の中の映画(作曲:弘田佳孝 作詞:みとせのりこ)
03.宵待ロマンチカ(作詞作曲:みとせのりこ)
04.珠の舟(作曲:弘田佳孝 作詞:みとせのりこ)
05.蝉時雨(作曲:D! 作詞:みとせのりこ)
06.天の鈴(作曲:弘田佳孝 作詞:みとせのりこ)
07.伽藍の空(作曲:onoken 作詞:みとせのりこ)

<第二部>
01.Circulation(作曲:弘田佳孝)
02.片羽のコトリ(作曲:弘田佳孝 作詞:みとせのりこ)
03.軍楽~隊歌零番~(作曲:弘田佳孝 作詞:みとせのりこ)
「ヨルガⅡ」より新曲
04.黄泉逝蟷螂<よみゆきどうろう>(作曲:弘田佳孝 作詞:みとせのりこ)
「ヨルガⅡ」より新曲
05.鬼さんこちら(作曲:井上俊彦 作詞:みとせのりこ)
06.キツネツキ(作曲:弘田佳孝 作詞:みとせのりこ)

<アンコール>
01.盗めない宝石(作曲:光田康典 作詞:みとせのりこ)
※アカペラ
02.ヨルガ~睡晶~(作曲:弘田佳孝 作詞:みとせのりこ)
03.異界の底に棲むモノは、アゲイン(作曲:弘田佳孝 作詞:みとせのりこ)

・本日のスペシャルフード
「クリームチーズのみとせ醤油漬け、クラッカー添え」
・本日のスペシャルスイーツ
「白玉入りフルーツポンチ」
・本日のスペシャルドリンク
アルコホル「金魚」
ノンアルコホル「ノンアルキンギョ」
※1-2枚目photo by Namiwo Namioka ※3枚目以降の画像は参加者の皆様より頂戴し、許可をいただいて掲載させていただいております

0004_large 0005_large Cp5srmRUAAAgN85 Cp5RRc4UIAAQEFO 00c0247b0af7facb5c036a53a71524f7_view

[セットリスト]◇8/13「みとせのりこ詰合セ残暑御見舞福袋ノ會」~ ヨルガ第二晶迎夜祭~@南青山MANDALA

MANDALA_mitose_bn_01_1200_600

みとせのりこ[vo] / 弘田佳孝[bass.cho.] / 佐藤真也[pf.key.]
ゲスト:福田真一朗[g.]

0021_xlarge   0055_xlarge 0026_xlarge 0059_xlarge ※stage photo by Namiwo Namioka

【他の画像&レポートまとめ】みとせのりこ2016年8月ヨルガ第二晶迎夜祭2DAYS ナミヲカ速報 – Togetterまとめ⇒

<第一部>
01.ヨルガ~睡晶~(作曲:弘田佳孝 作詞:みとせのりこ)
02.朗読『薄野原の密会』
著・朗読:みとせのりこ
即興演奏:弘田佳孝+佐藤真也
※全文掲載⇒ヨルガ文庫(ヨルガ公式サイト)
03.珠の舟(作曲:弘田佳孝 作詞:みとせのりこ)
04.天の鈴(作曲:弘田佳孝 作詞:みとせのりこ)
05.Rasen(作詞作曲:福田真一朗)
06.伽藍の空(作曲:onoken 作詞:みとせのりこ)
07.Two or Three Things Now I Know(作曲:佐藤真也 作詞:十時由紀子)
08.天上への祈り(作曲:弘田佳孝 作詞:みとせのりこ)

<第二部>
01.XaaaCi.(作曲:弘田佳孝 作詞:みとせのりこ)
【クロア、謳ってくれまいか】
02.こころ語り(作曲:阿知波大輔 作詞:みとせのりこ)
※謳い手:みとせのりこ+有志のクロア様
03.EXEC_RIG=VEDA/.(作詞作曲:中河健)
※人力ヒュムノスVer.
04.黄泉逝蟷螂<よみゆきどうろう>(作曲:弘田佳孝 作詞:みとせのりこ)
「ヨルガⅡ」より新曲
05.軍楽~隊歌零番~(作曲:弘田佳孝 作詞:みとせのりこ)
「ヨルガⅡ」より新曲
06.キツネツキ(作曲:弘田佳孝 作詞:みとせのりこ)
07.異界の底に棲むモノは(作曲:弘田佳孝 作詞:みとせのりこ)

<アンコール>
01.盗めない宝石(作曲:光田康典 作詞:みとせのりこ)
※アカペラ
02.君知ル哉、此ノ華(作曲:弘田佳孝 作詞:みとせのりこ)

・本日のスペシャルフード
「ライスカレー福袋スペシャル」
福の上乗せ(トッピング)⇒地獄揚げ、コロッケ、目玉焼き
・本日のスペシャルスイーツ
「甘福~あいすみるく~」
・本日のスペシャルドリンク
アルコホル「睡晶~ヨルガ~」
ノンアルコホル「乳白睡晶~ミルキィスイショウ」
※画像は参加者の皆様より頂戴し、許可をいただいて掲載させていただいております

CpyK_DUUkAA2FJ3   CpyPqhBUIAAApON CpyOiINVYAAhI1H CpyN_nGVYAM7CqQ CpyPmuKUEAAVvGZ CpyMiW5UAAAkOGJ CpyPyylUIAAFB5z

◇8/13-14 御無沙汰みとせの二夜連続~ヨルガ第二晶迎夜祭~

bn_01_600_300

昨年12月のおいたわし夜以来、アルバム「ヨルガⅡ」制作を理由に水中にて棲息しライヴを主催せずに過ごしてまいりましたみとせのりこですが、アルバムできてないけど「もうライヴやらないなんて耐えられなーーーい!!!」ってことで、恒例になりつつある葉月は聖戦の日、「御無沙汰みとせの二夜連続」と称しまして、2DAYSライヴを開催いたします。

制作中のアルバム「ヨルガⅡ」もあることだし、ここはアルバム発表に先駆けての「ヨルガ第二晶迎夜祭」ということで、ヨルガのパートナーにして唯一無二の鬼才、弘田佳孝さんに、二夜にわたって参戦していただきます!

初日は朗読やヒュムノスを含むみとせソロライヴコンテンツのひとつ「福袋」。鍵盤ニスト佐藤真也を加えての、生ピアノ+ベース+ヴォーカルという編成をメインにしっとりまいります(ヒュムノスコーナーには「クロア、謳ってくれまいか」コーナーというとんでもないものもございますので、詳しくは下記タイトルから詳細告知をご覧ください)。ゲストにはギタリストの福田真一朗さんをお迎えし、勿論南青山MANDALAが誇る美味しいスペシャルフード&ドリンクもご用意いたします。

2日目は打って変わってお祭り全開フルバンド! 「お座敷ROCK」と題し、初日の4人(みとせのりこ、弘田佳孝、佐藤真也、福田真一朗)にドラマー諏訪昌孝さんを加えて盛り上がってまいります。晴れ豆を宴の座敷と化すべし。

いずれの日も「和装割引、壱百円」アリ〼。

お暑い中とは存知ますが、何方様も是非お誘いあわせの上、この二夜の祭へお運びくださいまし。

===== LIVE SCHDULE =====

◆8/13(土)「みとせのりこ詰合セ残暑御見舞福袋ノ會」at 南青山MANDALA SOLD OUT
開場18:00 開演18:45
出演:みとせのりこ(Vo,朗読)/ 弘田佳孝(Bass)/ 佐藤真也(Pf/Key)
ゲスト:福田真一朗(G)
Charge:ご予約 ¥3,300(1Drink¥700-別)/ 当日 ¥3,800(1Drink¥700-別)
※和装&使用人来場割引¥100アリ〼

◆8/14(日)「みとせのりこ+弘田佳孝 ~お座敷Rock~ ヨルガ第二晶迎夜祭」at 代官山 晴れたら空に豆まいて SOLD OUT
開場18:00 開演18:45
出演:みとせのりこ(Vo)/ 弘田佳孝(Bass)/ 佐藤真也(Pf/Key)/ 福田真一朗(G)/ 諏訪昌孝(Dr)
Charge:ご予約 ¥3,500(1Drink¥600-別)/ 当日 ¥4,000(1Drink¥600-別)
※和装来場割引¥100アリ〼

ご予約受付開始日:両日とも6/28(火) 00:00~
※6/27(月)深夜24:00、と言った方が感覚的には間違えにくいかもしれません
※メール先着順に整理番号あり、申し込みフライング無効

◇8/13(土)「みとせのりこ詰合セ残暑御見舞福袋ノ會」at 南青山MANDALA

MANDALA_mitose_bn_01_1200_600

朗読にヒュムノス、未曾有の大雪やリアルサスペンドなど、数多くの伝説を残したあの福袋イベント「みとせ詰合セ」が甦ってく…じゃない、帰ってくる!

前回好評だった「生ピアノつき朗読」と、「生バンドでは絶対やれないあんなヒュムノスやこんなヒュムノス」は勿論のこと、今回はなんと!
制作中の「ヨルガ2」の相棒、鬼才・弘田佳孝さんもお招きして、勿論新譜からの新曲もフライングで引っ提げ、前回以上の「福」盛りだくさんで参ります。

そしてヒュムノスコーナーでは本邦初挑戦の企画、「(有志の)クロア、謳ってくれまいか語り」を開催いたします。つまりですね、わたくしとふたり「こころ語り」のクロアパートを謳ってくださる方を全力で募集いたします。「我こそは!」というお方は是非、当日高らかに御手さしあげて立候補していただきたく。複数おいでになったら代表はおひとりに絞りますが、選に漏れた方も、立候補はしなかったけど謳えるぜ!って方もオフマイクでご一緒に、「クロア、謳ってくれまいか?」

さらにはゲストにもうひとつの「福」、個人的にずっと一緒にできる機会を虎視眈々と伺っておりました、ギタリストの福田真一朗さんをお迎えして、後半戦はしっとり~ハジけるサウンドまで、生演奏ならではの手応えある音楽をグラデーションでご堪能いただこうと思っております。

残暑見舞に久々の「綺麗なみとせ」(笑)と、朗読とカレーとヒュムノスとデザートと先取りヨルガと、個性溢れるなんて言葉じゃ足りない出演者の魅力をみっしりと詰め合わせて(和装と、この日はメイド家令含む使用人割引金壱百円アリ〼)、南青山MANDALAのあの青く美しい地下鉱脈の底のような空間に相応しい一夜をお届けいたします。

聖戦からの梯子の方も、夜から行動のミディアンの皆様も、是非ともこの福をたっぷりお心に詰めこみにおいでくださいまし。

とき:
2016年8月13日(土) 開場18:00 開演18:45
SOLD OUT! 有難うございます ※キャンセル出た場合の当日券の有無は、前日にご案内させていただきたいと思っております

ところ:
南青山MANDALA http://www.mandala.gr.jp/aoyama.html

出演:
みとせのりこ(Vo/朗読)
弘田佳孝(Bass)
佐藤真也(Pf/Key)

ゲスト:
福田真一朗(G)

Charge:
ご予約 ¥3,300(1Drink¥700-別)
当日 ¥3,800(1Drink¥700-別)
※和装&使用人来場割引¥100

ご予約受付開始日:
6/28(火) 00:00~ メール先着順に整理番号あり、申し込みフライング無効
※6/27(月)深夜24:00、と言った方が感覚的には間違えにくいかもしれません

ご予約方法:
ご予約フォームからのみの受付⇒ご予約フォーム
※お申込タイムスタンプによる先着順受付、抽選なし。
※定員に達した場合はその時点で受付終了となります。

・整理番号について
お申込を頂いたメールのタイムスタンプの順番に、開場時間まで有効の入場整理番号を付与致します。
当日はこの番号順にご整列頂き、順にご入場頂きます。早めのご入場をご希望の方はお早目のお申込をお奨めいたします。

◇8/14(日)「みとせのりこ+弘田佳孝 ~お座敷Rock~ ヨルガ第二晶迎夜祭」at 代官山 晴れたら空に豆まいて

0814

御無沙汰みとせの二夜連続、二夜目は初日とは趣を一気に変えてのフルバンド、題して「お座敷Rock」!

13日のメンバー(みとせのりこ、弘田佳孝、佐藤真也)に加え、この夜は福田真一朗さんも初っ端からのガチ参戦。さらにはみソ部でお馴染み、そして初回ヨルガライヴから参加メンバーだった諏訪昌孝さんもまじえてのフルバンド編成。皆のアイドル「すわわ」が華麗なるドラムワークで「お座敷Rock」を盛り上げてくれますよ!

「ヨルガ第二晶迎夜祭」の名に相応しく、「ヨルガ」の曲を中心に、勿論「ヨルガⅡ」からの魁(さきがけ)も含めて祭りに相応しい一夜をお届けいたしますれば、皆様この日はどうぞ宴と思し召せ。

晴れ豆さんのあの和風お座敷空間ごと「お座敷Rock」のテーマを楽しんでいただくべく、帝都第八区管理協会より「浴衣(和装)割引壱百円政策」を施行いたします。(場合によってはオール畳の晴れ豆お座敷仕様にチェンジも考えておりますが、畳の上で跳んでも大丈夫なのか!?とか、いろいろ確認中につき、続報をお待ちくださいますと幸いです。)

浮世を忘れて帝都第八区のユメと宴に共に酔い痴れてくださいまし。主さまのお運びを一日千秋お待ちしておりんす。

とき:
2016年8月14日(日) 開場18:00 開演18:45
SOLD OUT! 有難うございます ※キャンセル出た場合の当日券の有無は、前日にご案内させていただきたいと思っております

ところ:
代官山 晴れたら空に豆まいて http://mameromantic.com/

出演:
みとせのりこ(Vo)
弘田佳孝(Bass)
佐藤真也(Pf/Key)
福田真一朗(G)
諏訪昌孝(Dr)

Charge:
ご予約 ¥3,500(1Drink¥600-別)
当日 ¥4,000(1Drink¥600-別)
※和装来場割引¥100

ご予約受付開始日:
6/28(火) 00:00~ メール先着順に整理番号あり、申し込みフライング無効
※6/27(月)深夜24:00、と言った方が感覚的には間違えにくいかもしれません

ご予約方法:
「晴れたら空に豆まいて」メール受付のみ http://mameromantic.com/
※サイトの「前売り予約」ページ⇒メールでのご予約へ進んで頂き、申し込みフォームに必要事項を記入の上送信して下さい。

※お申込メールのタイムスタンプによる先着順受付、抽選なし。
※定員に達した場合はその時点で受付終了となります。

・整理番号について
お申込を頂いたメールのタイムスタンプの順番に、開場時間まで有効の入場整理番号を付与致します。当日はこの番号順にご整列頂き、順にご入場頂きます。早めのご入場をご希望の方はお早目のお申込をお奨めいたします。

【ヨルガ文庫】短編小説「シュガープラム、コンフェイトー」をアップ

ツアー目前の今、何故突然「ヨルガ」!?と思われる方が山盛りだと思いますが、短編小説「シュガープラム、コンフェイトー」を、「ヨルガ文庫」にアップしました。

http://www.tts-products.co.jp/yorlga/info/?cat=14

このSSは2010年の「ヨルガ~睡晶幻燈夜会~」の朗読用に書き下ろしたもので、まさに今日のような今年初めての秋の深まりの空気を手触りで感じるような、そんな日をイメージして書いたものだったので、今日のこの日にアップせねば!と突然今朝思い立って公開しました。

もう3年も前になるのですね。

「ヨルガ」の曲は3年経った今もソロバンドで演奏され独特の輝きを保ち、わたしが死んだ後も生命が続いていくであろう名曲だと思っています。「ヨルガ」の世界観もまた然り、1作だけで終わらせるつもりはないぞと、未だに続編制作への野望を心に抱いて、日々ライヴやら収録やら作詞やら事務やら、頑張っております。

やっと秋らしい気温になって空気も硬質な手触りになり、わたしなんぞは気の早いことに吹雪の夢まで見る始末です(笑)。
この気候なら1週間後からの初のツアー、関西遠征3日間も絶好調で乗り切れそうです。
既にチケットご予約済みの方も、行ってみようか迷っている方も、ぜひとも初ツアーでいろいろ不安も多いみとせの背中を押しに来てやって下さい。

あ、みとせライヴのダイジェスト動画があがっております。「ヨルガ」の曲もやってます、ということでURLを貼ってみる。(ちゃんと別途この動画のエントリー作りますね…)
youtu.be/UKf8QY5oaTY

【ヨルガ】ライヴ内~帝都復興一五市~盛況の御礼

ヨルガワンマンライヴ「帝都復興機関詞」内で行われました「帝都復興~一五市~」、帝都は第六区商業組合より選りすぐりの店舗が出店してのこのイベント、開場からの待ち時間が1時間と長く、休憩も挟む形でしたので、少しでも退屈せぬよう、帝都の気分をより楽しんで頂こうと企画しましたが、思った以上に盛況で評判もよく、第六区商業組合に掛け合ったみとせとしては非常に嬉しかったです。

和柄Tシャツの「靖~sei~」さんはわざわざこの市のために兎柄のTシャツを新作で用意して下さり、ロザリオ工房「Hypnosis nut MARIA」さんはお祝い価格でのロザリオ販売、そしてヨルガといえば欠かせない鉱石は「Atelier Jophiel」さんが美しいディスプレイとともに。楽師音盤もありのきらびやかな軒の末席に、みとせの骨董がらくた店「雪兎蒐集<せつとしゅうしゅう>」も出店させて頂きました。

ご用意したものは全てみとせの部屋の中から持ち出した「ヨルガ」的なものばかりです。
この日のために「雪兎蒐集」のタグも作成。なかなか可愛くできたと自負しておりますので(笑)、タグも記念品と考えお品物と一緒にお持ち帰り頂けていたら嬉しいです。

雪兎蒐集のおしながきはといえば、
◇スイショウのクラスター結晶数点
◇撮影時に弘田さんに持ってもらった「復刻球体時計」
◇ユメ買イのモチーフであるグラスマーブルたち
 ・唯一のライヴグッズ的存在、タンブルホルダーとセットになった
  お好きなマーブルが一つ選べる「グラスマーブルセット」
 ・そしてみとせのコレクションの中から断腸の(笑)思いで選び出した
  ドイツはラウシャ製の「アンティークマーブル」ふたつ
  アンティークの繊細さ緻密さを是非ご堪能下さい!
◇ポストマンのグラスレターの原型である「瓶入り薄荷結晶」
◇中の造りが可愛いものを選んだジャンクの「真空管」
◇過去の技術の証である気泡が入った小さな「アンティーク硝子瓶」
◇復刻ラベルの「レトロ燐寸」数点、中にはヨルガブックレットに使われているものもありました
◇フランスとドイツからやってきた大小の「アンティークキー」いくつか
◇実は医療系好きのみとせイチオシだった「大正時代のお薬袋2種セット」
などなどでございました。

まあよくぞこれだけのがらくたを部屋にためこんでいるものです(笑)。
そしてまだ部屋にがらくたがある(笑)(笑)(笑)。
雪兎蒐集photo by Namiwo Namioka
ちなみに開店前の風景はこんな感じ。慌しくて詳細写真を撮る時間もなかったので、何にも記録が残っていない!と思っていたのですが、カメラマンの波岡さんが撮っておいてくれました。さすが!

雪の兎が巣にためこんだものは役にも立たないがらくたばかりだけれど、兎にとってはどれも宝物なのです。

そんな意味合いを込めて名づけた「雪兎蒐集」、皆様のお手元に連れて帰っていただいたひとかけらが、何か素敵な幻想を運びますようにと祈りつつ、店主御礼の言葉とさせていただきます。

【ヨルガ】ライヴ「帝都復興機関詞」満員御礼

15日のライヴが終ってはや2日、人間に戻るのに時間がかかってお礼が遅れてしまいました。…と思ったら、気づけば年始のご挨拶も書いていないこの事実。年末からここまでとにもかくにもヨルガライヴ!の怒涛の日々だったので、なんだか年始すら遠い過去のような気分ですが、皆様どうぞ今年もこんなダメにんげんみとせを宜しくお願い致します。

さてさて、そんなわけで大正百年一夜の帝都復興の夢、ヨルガワンマンライヴ「帝都復興機関詞」、おかげさまをもちまして大盛況と大盛り上がりのうちに無事終了いたしました。雪が降りそうなほど寒い中、会場までお越し下さった皆様、Ust放送をご覧下さった皆様、ライヴを影で支えてくれたスタッフの皆様、そして素晴しい演奏と熱い壊れっぷりを披露してくれた弘田さんをはじめとする奏者の皆様に、心からお礼を申し上げます。あっという間の2時間強、演劇的な前半戦と、今までのみとせにはないほどのどロックなライヴの後半戦、そして一五市と、みとせもいろんなことが吹っ飛ぶくらい楽しかったですが、皆様にも一粒で二度ならぬ三度楽しんで頂けていたら嬉しいです。

ちなみに当日の演目、セットリストはヨルガ公式サイトの方に。

当日はライヴの後ろにオールナイトイベントが入ってしまい、会場撤収までの時間が短く、お客様には慌しい思いをさせてしまって本当にすみませんでした。でもかわりに皆さんと一本締めができたので、むしろそれが嬉しかったりして、もしまたライヴをやるなら多少時間に余裕を持たせておいたとしても、この一本締めは隙あらばまたやりたい!と思いました。厳寒の会場前で待って下さった皆様、みとせと一緒に一本締め、ほんとに有難うございました。

差し入れもたくさん頂いてほんとにもう涙が…!! 頂き物の中で賞味期限の長いものや個包装のものは一部をお裾分け袋に入れてメンバーにも配分しております(「富の分配」はキルシェ時代からの伝統なのです。分けられないものや生物はみとせが問答無用で頂戴しますが!←鬼)。家に帰って早速いくつか頂いちゃいましたが、暫くの間幸せに楽しませて頂きます。

一五市に出したみとせのがらくた「雪兎蒐集<せつとしゅうしゅう>」も、鉱石にグラスマーブルにアンティークやジャンクと本当にごった煮でしたが、思いのほかご好評を頂きました。このお礼もまだまだ書きたいのですが、これ以上書くとこのエントリーが妙に長くなってしまうので、今日はここで一旦筆を置きまして、近日に一五市の御礼やレポートを書かせて頂きたいと思います。

何はともあれ、まずはライヴ無事終了のご報告と御礼まで。

ああ、ほんとに楽しかったなあ。やっぱり元々ライヴバンド出身なので、自分がいかほどにライヴが好きかを痛感致しました。今年はこれを機にもっとライヴが出来たらいいなと思ってます。
…とか言いながら、実はもう次の作品の企画が動き出していて、まずはそれに集中、といった形になりそうなここ暫くです。でもライヴもやりたいのーのーのー(ディレイ)。

ひとつひとつを丁寧に大切にしながら音楽をやっていきたいと思いますので、いろいろすっトロいみとせですが、どうぞみなさまあたたかく見守ってやって下さいませ。

年末と同じ締めくくりですが、やっぱりこれが一番ぴったりな言葉なので。

心からの感謝を込めて。