カテゴリー別アーカイブ: Live-みとせライヴの基礎知識

◇キネマ・イン・ザ・ヨルガ ~ 甲府桜座、旅のしおり ~

甲府・桜座における「キネマ・イン・ザ・ヨルガ」公演と会場内市場「一期市」、桜座恒例のぷちナカウチ、そしてせっかくの旅を思いっきり楽しんでいただくためのご案内です。移動や観光などを含む旅の計画の一助になれば幸いです。

bn01_1200_600

1.当日のタイムテーブルと、閉場時間の目安について

交通手段や終電などでやはり気になる終演時間、閉場時間。帰路選びや終演後のご予定を立てる参考になさってください。

・14:45 チケット引き換え開始
・15:05 整理番号順整列開始
・15:15 開演
⇒ [ 入場時間 ] 一期市、バーカウンターOPEN
・16:00 開演 (中休憩あり、二部構成)
⇒ [ 休憩中 ] 一期市、バーカウンターOPEN
・19:10 終演 (予定)
⇒ [ 終演後 ] 一期市、バーカウンターOPEN
・19:30 ナカウチ開始(目安)
※20:30 新宿行き特急終電間近コール x
(少し早めにご案内します、新宿行「特急」は21:09が終電です)
・21:10 ドリンクラストオーダー
・21:30 閉場(目安)

S__18063372今回の公演は日帰りも可能なように早い時間の開場(15時15分、一五一五で一期市)です、お時間を間違えないようご留意ください。チケットの引き換え開始(お時間に余裕のある方はご協力いただければ幸いですが、入場時精算でも大丈夫です)は開場30分前(14:45)~、整列は開場10分前(15:05)~です。
会場内市場「一期市」は、開演前、休憩中、終演後に店を開けております。※一期市のご案内は後ほど更新いたします。

S__18063376桜座は座席が「階段状の畳敷き(座布団)+桟敷(椅子席)」となっており、靴を脱いで客席にあがっていただきます(靴は配布の袋に入れていただいての個人管理)。着脱に苦のない履物でおいでいただけますとお席選びがスムーズかと思います。お席は全席自由ですので、どうぞお繰り合わせにご協力ください。(※あわせて「みんなが気持ちよくすごせるためのお願い、ライヴマナーのこと」もご一読いただけますと幸いです)

S__1806337316時に開演しましたら、中休憩を挟んで終演は19時過ぎ予定。終演後は桜座恒例、ぷちナカウチでみとせやメンバーと乾杯の儀(19時半ごろ乾杯予定、以降閉場までナカウチ継続開催)がございますので、電車のお時間と体力の許す方は是非参加していただければ幸いです。桜座のロビーにはテーブルも椅子もございますので(数に限りはありますが)お疲れになったら座って休みながらの参加も可能です、こちらも譲り合ってご利用ください。このナカウチタイムにお声がけいただけましたら、サインなども喜んでさせていただきます。ただし飲みながらになりますが、どうぞ無礼講でご容赦をば。(※サインや撮影などをご希望の方は「みとせライヴのローカルルール」を必ずご一読くださいますようお願いします)

ラストオーダーは21時過ぎ目安、閉場は21時半目安です。

2.「隊歌零番」斉唱曲歌詞及び応援グッズについて

ヨルガ公式応援グッズ

■「帝都勅命軍」応援旗印作成キット

S__17571846

ライヴTシャツの制作を担当する「和柄Tシャツ工房~靖~」さんからモチーフをいただいて、小さな旗を作れるキットをつくりました。プリンターとA4の紙、割り箸をご用意ください。切って貼るだけでできあがりです。ライヴといえば「うちわ」が主流ですが、ヨルガの世界観なら「旗」でしょう! 是非この旗印をその手に掲げ、隊歌零番、共に斉唱いたしませう。終演後、御旗にサインをもらうのもアリですよ?

ダウンロード (PDF)

 

■「軍楽~隊歌零番~」斉唱のための歌詞

lyric

ライヴではお席の皆様も共に斉唱するのが定番となっております「軍楽~隊歌零番~」の歌詞です。当日これと同じものをお配りしますが、先んじて練習されたい方、自分専用の歌詞カードをお持ちになりたい方に。

ダウンロード (PDF)

 

 

◇物販(一期市)について
物販は開場後から開演前、休憩中、終演後とブースを開けております。物販は桜座喫茶ロビー内で行っておりますため、入場せずに物販を利用することはできません。終演後については、終演時間にもよりますが、終演後30分~45分を目安に物販をしめさせていただくことが多いです。
また、持ち込んだグッズやCDには数量に限りがあるものがございます。売り切れの場合はご容赦下さい。

■ヨルガ公式ライヴTシャツ

「邪鬼払-隠密」
サイズ展開:S/M/L/XL
ボディカラー:チャコール
メインプリントカラー:黒
価格:¥3000

和柄Tシャツ工房 靖-sei」謹製

※画像クリックで拡大します

7月のツアーTシャツの色違い版。『ヨルガⅡ』収録の人気曲「鬼祓エ」に着想し、退魔の御札をイメージしたTシャツを、白地からチャコール地に。版からプリントまですべてを手作業でこなす ” 帝都の土産屋「靖-sei」” の手仕事が光る一枚です。丈夫で長持ち、男女どちらが着ても様になる絶妙な匙加減の和柄。うちのライヴ Tシャツは普段着にもヘビロテできるのが自慢です!

■Silver製チャーム

「邪鬼払」チャーム(ヴィンテージ加工)
数量限定:20個
材質:シルバー925
価格:5000円

シルバーアクセサリー「SUNbath」謹製

みとせのイニシャルMと雪輪を組み合わせた通称ゆきじるしエンブレムに二枚の羽を組み合わせた透かしが繊細なシルバートップ。質と加工のよさは保証します。3月のチャームより大きめで、「邪鬼払」Tシャツの背中のモチーフと同じデザイン。揃いでつけたらきっと強そう。

その他の「一期市」参加店舗とおしなもののご案内


  1. 当日のタイムテーブルや公式応援グッズについて(このページ)
  2. 一期市のご案内
  3. 【番外編】みとせの個人的おススメぷち観光スポット、洋館&アルコホルどころ
  4. ライヴハウスの基本システム~ご来場、入場からオーダーなど開演前までの楽しみ方(桜座版)
  5. みとせライヴのローカルルール~皆が気持ちよく過ごすためのお願い、お席やライヴマナーのこと
  6. みとせライヴのローカルルール~サイン、お手紙、差し入れ、バータイムなど、終演後の楽しみ方について
  7. みとせライヴの魅力を述べよ。(ツイッターで皆様からいただいた感想をまとめたものです)

◇キネマ・イン・ザ・ヨルガ~甲府桜座旅のしおり~【番外編】

せっかく甲府に来たわけですし、ちょっと観光したり買い物したり美味しいもの食べたりしたい、という方に、みとせの狭い行動半径でピックアップできているちょっといいところ紹介です。

・藤村記念館(甲府駅前、洋館)

8225_01甲府駅北口側目の前のの広場にある擬洋風の可愛い洋館。小学校だった建物を移築したものだそうです。入館無料、撮影可能。洋館の中でも擬洋風建築が大好きなみとせとしてはテンションの上がる素敵な場所です。内観や窓も可愛い。
http://www.yamanashi-kankou.jp/kankou/spot/p_8225.html

 

・山梨県庁(甲府駅近く、洋館)

2102-m024-06甲府駅から桜座側の出口を出て割と近くにあります。県庁に用事なんかないと思われるかもしれませんが、すごくいい古い建物なんです。誰でも入れますので、散策するだけでも価値ありですよ。画像はこちらにたくさん載ってます。
http://kenchiku228.blog85.fc2.com/blog-entry-213.html
あーんど、山梨県庁、昨年こんな猫スポットとしてのニュースにもなってました。
http://www.sankei.com/premium/news/161120/prm1611200011-n1.html

・山梨に点在する藤村式建築【疑洋風建築】 – NAVER まとめ https://matome.naver.jp/odai/2140171318237417301
そして実はけっこう山梨って儀洋風の洋館がたくさんあるんです。どこかに情報まとまってないかな、と思ったらありました。横着して記事にリンクでごめんなさい~。

⇒中央線特急で「松本」まで行く気があれば、見所満載の旧開智学校もありますが…(たぶんtaikaちゃんが写真撮ってたとこ)
http://www.hamanoyu.co.jp/p5df24299/

・Hops And Herbs [ ホップス アンド ハーブズ ](桜座並び・クラフトビール)

20170526225430アウトサイダーブルーイング直営のビアバー。場所は桜座の並び、というか空き地をひとつ経てほぼ隣(笑)。土日祝は昼の12時~24時まで営業しているので、開演前でも閉場後でも飲むことができます。店舗は2階ですが、1階の扉を覗くと醸造所がガラス越しに見えて、できたてのビールが飲めるのを実感(あとメカメカしくて個人的に萌える)。桜座に個人でライヴを観に行ったらみとせも絶対ここで一杯(いや何杯か…)引っ掛けてます。
公式:http://outsiderbrewing.jp/
この記事が判りやすいかな。http://www.yamaonsen.com/entry/hops_and_herbs

・甲州夢小路(甲府駅北口徒歩3分・ショップモール)

pict_08甲州の城下町を再現した建物に、甲州のいろんないいところを詰めたショップが入ってます。安価でワインを試飲できる店、信玄餅の店、濃い味で美味しいアイスクリームの店、葡萄のスイーツの店、和雑貨の店、鉱石アクセサリーの店(実は山梨、水晶の産地で有名)…などなど。コンパクトにまとまっているのでお土産を買うのにも便利。そして密かな推しはここの「小さな蔵の美術館」。アンティークジュエリーの所蔵がとんでもないのです。アンティーク系の服飾が好きな方なら500円でおなかいっぱい満足できます。
公式:http://koshuyumekouji.com/

 

・SADOYAワイナリー(甲府駅北口5分・ワイナリー見学、試飲など)

pict_01 甲府駅北口からほんの5分歩くと駅近とは思えない建物と施設がどーんとあります、SADOYAワイナリー。前述の「甲州夢小路」のすぐ近く。地下のワイナリーを見学できたり(要申し込み・500円)、試飲コーナーや売店もあります。地下のワインセラーは地下室萌えやホラー好きにはたまらない景観ですよ…わたし行ったとき、ちょっと変な笑い出たもん(笑)。勝手に動いていいわけではなく、案内してくれる方がついていろいろ説明してくれるんですが、説明が手馴れすぎててちょっと某ネズミの国のお城のミステリーツアーを彷彿とします。試飲できる銘柄にはなかったかもしれませんが、SADOYAのワインには「シャトーブリヤン・ミュール」という名前のものがあって、アルトネゴゴロをくすぐります。
公式:http://www.sadoya.co.jp/winery/
ワイナリーはこんな感じ:http://koshuyumekouji.com/walk/003.html

・サントリー白州蒸留所(小淵沢・ウイスキー工場見学、試飲)

hakushu_top甲府駅から新宿方向に戻るJR中央本線で40分くらいの「小渕沢」という駅にあります、サントリーの白州工場。白州ハイボールでおなじみの質のいいウイスキー。蒸留所の見学及び試飲などができます。見学(要予約)は有料コース・無料コースといろいろあります。わたしは行ったことが残念ながらないんですが、行った人は口を揃えて「樽とウイスキーの馥郁たるかほりが漂っていてここは天国かと思った」と言います。蒸留酒のお好きな方は是非。
公式:http://www.suntory.co.jp/factory/hakushu/info/
参考に試飲までのレポートブログ:https://ameblo.jp/genkimatsumaru/entry-12189436267.html


  1. 当日のタイムテーブルや公式応援グッズについて
  2. 一期市のご案内
  3. 【番外編】みとせの個人的おススメぷち観光スポット、洋館&アルコホルどころ(このページ)
  4. ライヴハウスの基本システム~ご来場、入場からオーダーなど開演前までの楽しみ方(桜座版)
  5. みとせライヴのローカルルール~皆が気持ちよく過ごすためのお願い、お席やライヴマナーのこと
  6. みとせライヴのローカルルール~サイン、お手紙、差し入れ、バータイムなど、終演後の楽しみ方について
  7. みとせライヴの魅力を述べよ。(ツイッターで皆様からいただいた感想をまとめたものです)

◇一期市のご案内 – キネマ・イン・ザ・ヨルガ~甲府桜座旅のしおり~【02】

ライヴ会場内、桜座のアンティークの家具に彩られた喫茶ロビーの片隅では、「一期市」と題しまして、公式ライヴTシャツや楽士音盤の他、いくつかの店舗が参加し、ヨルガの世界観をイメージしたグッズを販売しております。購入品はその場で装備して楽しんでいただくこともできますし、ロゴ入り枡とグラスは桜座さんのご厚意により当日に限りカウンターでのドリンクオーダー時に使用することもできます。魅力的なお品物の数々、是非お楽しみください。
※販売時間は「開場後~開演直前まで」「一部と二部の間の休憩」「終演後45分程度(各店舗の主の判断により多少前後いたします)」を予定しております

■出店店舗一覧(商品画像はクリックで拡大します)

・和柄Tシャツ工房 靖-sei
派手すぎず甘すぎない。老若男女問わずに気軽に着られる、和柄を独自のデザインにアレンジ、手作業にてTシャツを製造しております。

ts_front ts_back

・公式ライヴTシャツ
「邪鬼払-隠密」 3000円(7月ツアーTシャツの色違いver.)
サイズ展開:S/M/L/XL
ボディカラー:チャコール
メインプリントカラー:黒

DJcnIeWVYAApTAx DJcnIeGVAAAm1qg can_b can_b_d

・トートバッグ 1500円
・カンバッジ5種セット 1000円

http://sei777.com/
https://twitter.com/sei_information


・SUNbath
両手で表現出来るモノを形にしていく作業場、SUNbathです。

・邪鬼祓チャーム 5000円
※数量限定 20個

今回は靖さんのTシャツ「隠密」に倣いまして、あえて磨ききった所から薄く傷を乗せ、さらに燻し加工で仕上げた鈍色風のロゴトップです。
純粋な鏡面磨きとは違い鈍く光ります。

charm_m_ibushi C2DlN8pVQAUQdYL 012

・ゆきじるしエンブレムチャーム(1.5センチ径 燻し加工) 2000円
・蝶帯留(4センチ径) 26000円
※2013年のツアーTシャツ「初代・花魁ロックTシャツ」背面の簪モチーフ部を帯留に起こしたものです

材質:すべてシルバー925

https://twitter.com/sunbath7
http://www.sun-bath.net/top.html


・Fine Art
桜座編成のファインアートは、ここにしかない特別なアイテムの数々をご用意いたします。ぜひおひとつ手に取ってご覧くださいませ。(Fine Art 店主)

※こちらの「枡」と「グラス」は当日に限り桜座喫茶ロビー内でご使用いただくことができます。枡単体で飲むもよし、グラスと重ねて使うもよし。 祝い酒を一献。

 masu glass_solo masu_01

・ヨルガロゴ入り枡=大(一合180ml=限定10個) 1000円
・ヨルガロゴ入り枡=小(五勺 90ml=限定20個) 800円
・ゆきじるしエンブレム入りグラス(100ml) 1000円

namiwo namiwo_01

今回のテーマは「邪を祓い善を呼び込む」。陽光で小さな虹を作るサンキャッチャーから、幸運を呼び込む蝙蝠の羽織紐、音で空間浄化を行うクリスタルチューナーまでスピリチュアル度高め。ヨルガ紋を随所に施し、魔除け効果を高めております。日々の運勢向上に是非お役立てください。(Fine Art 丁稚 弐号)

kurage_01kuragekurage_02 kurage_03
当店では、ヨルガの世界観から連想したアクセサリーをご用意させて頂きました。皆様の桜座の思い出になる一品がございましたら幸いでございます。(Fine Art 丁稚 参号)

https://twitter.com/FineArt0508
https://twitter.com/pasha_lx


■EXCENTRIQUE(※[ 終演後 ] のみ開店)
エクサントリーク甲府一期市では骨董店主イメージしたアクセサリーを販売致します。性別関係なくお使い頂ける重厚感、オリジナルナルの鍵モチーフがクラシックなお品物です。是非お気軽にお手にとってご覧くださいね!

excentrique

・骨董店主の鍵ペンダント 8640円(税込)
・店主の懐中時計 6480円(税込)

また、お買上げいただいたお客様に一期市での出逢いを記念致しまして、」エクサントリークの秋カタログ」と「ハロウィンアドベントポスター」を差し上げます。(できる限りノベルティをたくさんお持ちしますが、なくなってしまったらごめんなさい)


  1. 当日のタイムテーブルや公式応援グッズについて
  2. 一期市のご案内(このページ)
  3. 【番外編】みとせの個人的おススメぷち観光スポット、洋館&アルコホルどころ
  4. ライヴハウスの基本システム~ご来場、入場からオーダーなど開演前までの楽しみ方(桜座版)
  5. みとせライヴのローカルルール~皆が気持ちよく過ごすためのお願い、お席やライヴマナーのこと
  6. みとせライヴのローカルルール~サイン、お手紙、差し入れ、バータイムなど、終演後の楽しみ方について
  7. みとせライヴの魅力を述べよ。(ツイッターで皆様からいただいた感想をまとめたものです)

◆キネマ・イン・ザ・ヨルガ ~甲府桜座、旅のしおり~【03】

3.ライヴハウスの基本システム~ご来場、入場からオーダーなど開演前までの楽しみ方

ライヴハウスは各会場ごとにお作法が違うこともあるので、すべてのライヴハウスに万全な説明とはいかないのですが、初めてライヴハウスに来る、という方のためにのみ、参考程度に書いておきます。「ライヴハウスこわくないよ・桜座編」です。

◇入場整列の開始時間
整理番号順入場の整列開始時間ですが、みとせライヴのお客様の整列力が驚異的に高いため、皆様を信頼して開場時間の10分前くらいから整列のお声をかけさせて頂いております。今回は、

チケットの引き換え精算が開場30分前(14:45)から始まります。(到着時間に余裕のある方はご協力いただけますと入場がスムーズに進むので、みとせも桜座スタッフも心から感謝いたします!)整理場号順の整列は開場10分前(15:05)です。

S__18063372※お手数をおかけして恐縮ですが、整列が始まりましたら近くにおいでの方に「すみません、何番でしょうか?」とお尋ね頂いて(皆様快く答えてくれますので)、互いに確認しながらご自分の番号あたりを探して列にご参入ください。
入場のタイミングに間に合わなかった(入場済み番号がご自分の整理番号を超えてしまった)ときは、お手持ちの整理番号は無効となってしまいます。その場合はたいへん恐縮ですが、列の一番後ろにお並び頂けますようお願いいたします。
(この方法で一度もトラブルが起こっておりません。皆様の整列マナーの素晴らしさとお気遣いに常に感謝しております。今後も可能な限りこの方法で参ります、ご協力をよろしくお願いいたします。)当日の状況で臨機応変な部分もありますので、基本はおさえつつ、スタッフの指示があればそちらを優先でお願いします。

◇チケット代、ドリンクチャージの支払いのこと
S__18063374整理番号順に整列していただき、ご自分の番号になったら入場カウンターに進んでください。入場時にカウンターで「ミュージックチャージ(=チケット代)+ファーストドリンクチャージ(ドリンク代)」の合計金額をお支払いいただきます。(現金精算のみ)

ファーストドリンクチャージとドリンク交換について
ライヴハウスに来たことがない方にとっては謎なシステム、通称「ワンドリンク」。ライヴハウスごとにお作法の違いはありますが、通例ですと入場時ドリンク代を払った際に「ドリンクチケット」というものを渡されます、ドリンクカウンターでドリンクと引き換えるまでなくさないでください。

◇開演前の楽しみ方
会場内に入られますとオーダーカウンターがありまして、ドリンクチケット制の場合はここでチケットとドリンクと交換するのですが、ドリンクの引き換えは開演前だけでなく休憩中でも終演後でも出来ますので、先にお席を確保されることをオススメします(あのへんに座ろう、と思っていた席が、ドリンクを頼んでる間に埋まっちゃった、とかだとせつないですから。)

S__18063375⇒まずはお席選び
桜座は入り口を入りますとまず喫茶ロビーがあります。一番奥に大きな扉があり、そちらがホール(演奏会場)です。扉の中へずずいとお進みください。扉のあたりにいくつか段差がございますので、お足元には十分にお気をつけてそして桜座のお席は「階段状の畳敷(ざぶとん)+桟敷席(椅子)」となっております。いずれも靴を脱いでお上がりいただく形になりますので、着脱のお楽な履物ですとスムーズかと思います。お席は「自由席」です。ステージに近い前方の席、音環境がよさそうな席、桟敷席、ご自分のお好みの席を空いているお席からお選びください。(「お席の確保について」のお願いはこちら)

⇒ドリンク、フードオーダー、一期市(物販)、交流など、その後の楽しみ方
お席が確保できたらそのまま座って暫しくつろぐもよし、混雑する前にトイレ(入り口付近、入り口に向かって左手です)に行くもよし、一期市に特攻するもよし、ドリンクを引き換えに行くもよし。お席を離れる際は、貴重品は身につけたまま(重要!)、お席には何か目印になるものを置いて、移動されてください。お手荷物の管理はご自分でお願いいたします。

S__18063373・ドリンク引き換え、フードオーダー
オーダーカウンターには「ドリンクチケットで引き換えられるメニュー」が置いてありますので、その中からご希望のドリンクを選んでドリンクチケットを出し、引き換えてお召し上がり下さい。アルコールもソフトドリンクもあります。(未成年の方はソフトドリンクのみですよ!おさけははたちになってから!)
2杯目以降とフードは現金精算です。一杯ごとにメニューに書いてある料金を支払って下さい。喫茶ロビーにあるアンティークのテーブルと椅子で寛ぐもよしです。

◇その他、初心者の皆様へ
ライヴハウス、たくさんお客様がおいでくださった場合はお席とお席の間があまり広くとれないことがあります。椅子も大きなものではないので、荷物の置き場所があまりありません。お手荷物は少なめにまとめて来て頂くか、もしもやむなく大きな荷物をお持ちの方は、駅のコインロッカーなどに預けておいて頂くと周囲の方もご 自身のお気持ちも楽だと思います。

あとは開演までの時間を、物販に突入したり近隣のお席の方と交流したり、ひとり静かにライヴ前のテンションを高めたりとご自由にお過ごしください。楽しい時間はもうすぐそこです。

そしてもうひとつ、これはみとせからのお願いですが、みとせライヴには「お客様」はおいでになりません、皆さん「参加者」と考えております。笑いたいときは笑い、ノリたくなったらノリ、一緒に歌いたくなったら歌い、MCに突っ込みたいときは遠慮なく突っ込んで(!)ください。大声出したら恥ずかしいとか、立ったら後ろの人に迷惑とか、過剰に気は遣わず、全員で音楽を思いっきり楽しみましょう! 皆様がそうして下されば、ステージで演奏しているわたしたちはその皆様のパワーをもらってもっと楽しい音楽をお返しできるのです。


◇「おひとりさまカード」のこと
みとせライヴ独自のシステムです。おひとりでおいでになった方などは特に、入場から開演までの時間が手持ち無沙汰だったりすると思 います。同じ音楽が好きなわけだし、話したら楽しいかもしれないけど話しかけていいのかどうかわからない!という経験、自分もリスナーでライヴハウスに 通っていた頃よくありました。なので、そんな方のために、「おひとりさまカード」なるものを作りました。
「話しかけてもらって構わないよー」という方は、このカードには最初からみとせのりこにかかわりの深い要素は最初から書いてありますので、ご自分が「この話ならわかる」と思う単語に○をつけて頂いたり、空白も多めに取ってありますので、その空白に「実はこんなもんも守備範囲です」というものを書き入れて頂いて、膝の上でも服の上でもテーブルの上でも、見えるところに掲示してみて下さい。同じものが好きな人と声をかけあうきっかけになると思います。

「おひとりさまカード」はステージと客席の境目、左右でいうと真ん中あたりに置いおきますので、お使いになる方はそこからご自由にお取りください(カードを取るふりをして機材のセッティングを眺めたりもできる口実になるぞ!たくさんは作ってないので必要な方だけ取ってね)。おひとりさまカードをご利用予定の方は、筆記用具と何か貼るもの(テープでも安全ピンでもケースでも)をご用意下さいますようお願いいたします。服に貼って頂くもよし、社員証を提げるようなクリップつきのケースで掲示して下さっている方もいらっしゃいました。(その、祭りには全力で参加する姿勢、だいすきです。)
「手持ち無沙汰な時間」が「趣味の話ができる楽しい時間」に変わるきっかけになれば幸いです。


  1. 当日のタイムテーブルや公式応援グッズについて
  2. 一期市のご案内
  3. 【番外編】みとせの個人的おススメぷち観光スポット、洋館&アルコホルどころ
  4. ライヴハウスの基本システム~ご来場、入場からオーダーなど開演前までの楽しみ方(桜座版)(このページ)
  5. みとせライヴのローカルルール~皆が気持ちよく過ごすためのお願い、お席やライヴマナーのこと
  6. みとせライヴのローカルルール~サイン、お手紙、差し入れ、バータイムなど、終演後の楽しみ方について
  7. みとせライヴの魅力を述べよ。(ツイッターで皆様からいただいた感想をまとめたものです)

◆みとせライヴの基礎知識2017~ヨルガツアー版~【05】

5.みとせライヴのローカルルール~サイン、お手紙、差し入れ、バータイムなど、終演後の楽しみ方について

終演後、たぶん15分程度で楽器や譜面のかたづけを終えたメンバーが客席に出てきておもむろに飲み始めるのがみとせライヴの常です(みんなさけのみ!)。みとせも例に漏れませんが、最初にまず皆様と乾杯だけさせてください。その後はサインなどご希望ありましたら気軽にお声をおかけいただければ幸いです。(終電の時間はちゃんと気にしていてくださいね!)

◇サイン等について
終演後、ホール客席(もしくはロビー)にてサインなどのご希望にも対応させて頂いております。遠慮なくお声をお掛け下さい。サインご希望の方の人数によってはおひとりに割ける時間が短めになってしまうこともございますが、おひとりずつにできるだけ公平に接させて頂けるようにと思っておりますので、ご理解頂けましたら幸いです。

あとこれもみとせライヴのローカルルールですが、終電時間が迫ってきたという方は、サイン列の後ろの方にいらした場合でも、遠慮なく手を上げて「終電が危険です!」と言って下されば、インターセプトでその方を優先にサインさせて頂いています。 今までもこのやり方でやってきましたが、誰一人異を唱えた方はいません。皆様喜んで順番を譲って下さいます。もちろん終電間際の方ですから、その分短めのお時間しかお話もできないと思いますが、もう時間がないからと列から離脱せず、勇気を持ってアピールして下さい。終電ごときに邪魔されて直接お礼が言えな かったなんて、みとせが悲しいです。

なお、ご自宅からお持ち頂いたCDでも当日のセットリストでも応援用の御旗でも、何でも喜んでサインさせて頂きます(重要)ので、わざわざ「サインをもらうために2枚目買いました!」とかいう無駄遣いはなさいませんように! 2枚目の同じCD買うくらいなら、ライヴにもう一回来た方が新しい発見と楽しみがあると思いますよ?(持ってないCDがあったら是非買って聴いてほしいです!←これはちゃんと言う)
また、恐縮ですがサインは1回につき2枚までとさせて下さい。ご友人の分も、という方は、恐縮ですがご自身の枠2枚から1枚を削ってご友人の分に充ててください。それ以上の枚数に対応させて頂きますと、閉場のお時間になっても列が消えずに後ろに並ばれた方に対して不公平な形になってしまうことがあります。ご理解とご協力をお願い致します。

◇記念撮影について
基本的に開演から終演までの間は許可されたスタッフを除く一切の撮影と録音をご遠慮いただいておりますが、終演後のサインの時間のみ、声をかけて撮影許可の確認をして頂ければ、みとせも撮影に喜んで応じております。そういう記念、大事ですし。
ですが当日撮影した写真についてお願いがあります。「人物が写っている写真」は個人の楽しみの範囲のみでの使用とさせて頂き、ツイッター、FACE BOOK、ブログなどを含むWEBへのアップはご遠慮頂いております(静物や風景だけの写真などはアップして頂いても問題ありません)。このお約束を守って頂ける方のみ、撮影に応じさせて頂きます。ご理解頂ければ幸いです。

お手紙や差し入れについて
お手紙や差し入れ等、勿体無いお気遣いを頂くことがありますが(本当に有難うございます)、そういったものも基本的には終演後のこの時間に直接受け取らせて頂いております(受け取り方の例外や、差し入れについてのお願いがございますので、お手数ですがこの下の「◆差し入れについてをご一読ください)。
でも、みとせやメンバーにとっては、ご来場頂けること、つまり「そこに今おいでになること」がどんなものよりも最大の贈り物ですので、過分なお気遣いは頂かず、気にせず手ぶらで気軽にお声をかけてやって下さい。
(サインのきっかけに差し入れがないと、って思う方がおいでのようなのですが、そういうのナシで! 「ここに今いる」ってだけで、貴方の存在そのものがギフトなのです。ほんとだよ信じろ!)

終演後のバータイムと閉場時間について
終演後もドリンクカウンターは空いておりますので、閉場時間までは、帰宅のお時間が許せばお寛ぎいただくことができます。閉場時間は日によって変わりますの で、その日の終演時間の状況をみてご案内させて頂きます。ドリンクカウンターのラストオーダー時間より15~20分程度で閉場になることが多いです。

差し入れについて 【読んでいただけると嬉しいです】
いつもたくさんの差し入れを有難うございます。差し入れは何をいただいてもそのお気持ちがたいへんに嬉しく励みになるもので(救援物資などは体力エンプティのときの命綱にも!)、心から感謝しております。
この差し入れですが、せっかく皆様から頂戴する有難くも大切なお気持ちなのに、賞味期限や保管環境の問題で傷めてしまうことがあると本当に申し訳なく、みとせとしてはこういった事故を避けたいと思っております。
ですので、お心遣いを無駄にしてしまわないためのお願いを、僭越ながらお伝えしたいと思います。

◎保管環境に難しい制限のあるもの(冷凍品、冷蔵品、生もの等)は避けてください
◎賞味期限が当日のもの(及びできれば~3日まで)のものは避けてください

そして差し入れの「ショートカットコマンド」として

「楽屋でメンバースタッフみんなで食べてね!」系の差し入れは、開演前に受付に渡していただけましたら、そのまますぐに楽屋にデリバリーされます。開演前は勿論、休憩中などに有難~くエネルギーに変換されて、後半戦の演奏の糧になることも多いです。
また賞味期限が短い系のものも、このルートだと傷まず美味しく胃の中におさまる可能性が一気に上がりますので、このショートカットコマンドもご活用いただけますと幸いです。

また、ライヴハウスは飲食店でもあり、基本「持ち込み禁止」ですので、いただいた差し入れをその場(客席等)で開封して食べることはできないと考えてください(例外もありますが、ごくわずかです)。ホール状態のお菓子や手作りのものなどにはご留意をいただけますと幸いです。

そういったクリア難度の高いアイテムをお持ちくださった場合も、勿論喜んで有難く受け取らせていただきます(だってそういうものは間違いなく美味しい!)が、賞味期限に間に合わなかったり、保管環境が合わずに傷んでしまったなどの理由で、口にせず処分するしかなくなってしまうことも起こりえます。その可能性があることをご理解くださいますと幸いです。
特にツアーは何日も車で移動します。冷蔵庫もありませんし、車内環境を適切に管理することもできません。シビアな管理が必要なものは傷んでしまいますし、 移動にリハに本番にと慌しい中では、今回の場合ツアー初日にいただいたものは、最終日翌日に検めたとなると、その時点で既に3日目になってしまいます(しかも季節は夏です…!)。

「それでもこれを贈りたい!」と思われました場合は、その強い「オススメの心」、有難く受け取らせていただいて、可能な限り賞味期限と戦います(!)ので、終演後でもショートカットコマンドでも、お渡しくださる際に一言、賞味期限の件、言い添えていただけますと幸いです。
それでも敵(賞味期限)との戦いに敗れた場合、または残念ながら不戦敗になってしまうような状況になった場合は、不問にてご容赦いただけるという前提で、どうぞご理解をお願いいたします。


  1. 当日の終演時間目安と、ラストオーダー、閉場時間の目安について
  2. 当日の物販やグッズと、斉唱曲歌詞及び応援グッズについて
  3. ライヴハウスの基本システム~ご来場、入場からオーダーなど開演前までの楽しみ方
  4. みとせライヴのローカルルール~皆が気持ちよく過ごすためのお願い、お席やライヴマナーのこと
  5. みとせライヴのローカルルール~サイン、お手紙、差し入れ、バータイムなど、終演後の楽しみ方について(このページ)
  6. みとせライヴの魅力を述べよ。(ツイッターで皆様からいただいた感想をまとめたものです)

◆みとせライヴの基礎知識2017~ヨルガツアー版~【04】

4.みとせライヴのローカルルール~皆が気持ちよく過ごすためのお願い、お席やライヴマナーのこと

◇撮影や録音について
許可されたスタッフを除き、開演から終演までの間の撮影・録音は禁止とさせて頂いております。ご理解とご協力をお願い致します。
記念撮影については、終演後のサインの時間のみ撮影のお声をかけて頂ければ可能(WEBへのアップは不可)です。詳しくは「終演後の楽しみ方」をご一読下さい。

◇帽子やヘアアクセサリーなどについて
つばのある帽子をかぶってご来場になった方は、たいへん恐縮ですが、後ろのお席の方々の視界を遮らぬよう、演奏中は脱帽していただけますようお願いいたします。脱帽が難しい場合や、或いは外すことのできない大きなヘアアクセサリーをおつけになっておいでの方は、他の方々へご配慮をいただき、ホール後方でのご観覧にご協力いただけますと幸いです。

◇お席について
お席は基本的に「自由席」となっております。整理番号順にご入場頂きましたら、空いている席からお好きなお席を選んでお座り下さい。(ステージに近い席がよい方、音の響きが好みそうな位置の席がよい方、いろんな方がおいでになると思います。)
ご来場の全ての方が座れる数の席をお出ししております。お繰り合わせの上、譲り合ってお席をお選び頂けますと幸いです

ご同行者様のお席の確保について 【読んでいただけると嬉しいです】
これはおいでくださる皆様への、みとせからの個人的な気持ちによる「お願い」です。 お願いでしかありませんので、実際に何かを禁止したりもいたしませんし、何かを問うことも謂うこともありません。お願いしたいのは一緒にこのライヴを楽しむ全ての方への「お気持ちの配慮」のみです。その前提で、読んで尤もだと感じられた方にはご理解とご協力をいただければ幸いです。

ご自身と一緒にご入場されないご同行者様(=誰もがそうと見て取れるほどのタイムラグをもってご入場される方、と考えてください)のお席の確保、所謂「席取り」について、お願いがあります。ライヴハウスでの「席取り」というのは何かにつけ最も多く話題に上る事案のひとつでもありますが、本来整理番号はお一人にひとつ、とはいえ、せっかくご友人と共に同じライヴにいらして、バラバラの席で観るのも淋しいもの。というか、貴重な「ご友人とライヴの思い出を共有する楽しみ」がなくなってしまうのは悲しいものとわたし個人は考えます。

ですので、もし遅い番号で入られるご友人のためにお席を確保されたいなら、「非常によいお席(ステージにとても近い・観やすい席など)で観られる喜び」は、「ご友人と楽しさを共有できる喜び」と等価交換にしていただけないでしょうか。
また、開演より明らかに遅れておいでになる方とご一緒に観覧いただきたい場合なども、途中合流が少しでも目立たないような後方両翼側の座席を選ぶなど、ご自身が一観覧客として感じるであろうお気持ちを以って、同様に他の方々にもご配慮をお願いできれば幸いに感じます

基本的にステージに近い最前の席や、音環境のいい中央縦線の席は大半の方が座りたいと思っているお席です。たとえば「今回は20番以内が取れたので前の方で観 られる!」と嬉しく当日に臨んだのに、「席取り」で前列が大幅に埋まっていた、というのは、たいへんにせつないものです。ご自分が座れない側の立場になると考えたら、痛いほどご理解いただけると思います。

とはいえこれはあくまでライヴを愛し楽しむ気持ちを持った皆様への、みとせからの個人的な「お願い」です。規則でも義務でもありません。そのことまで含めて、ご同行者のある方も、そうでない方も、穏やかに平らかにお心に留めていただけましたら幸いです。


  1. 当日の終演時間目安と、ラストオーダー、閉場時間の目安について
  2. 当日の物販やグッズと、斉唱曲歌詞及び応援グッズについて
  3. ライヴハウスの基本システム~ご来場、入場からオーダーなど開演前までの楽しみ方 
  4. みとせライヴのローカルルール~皆が気持ちよく過ごすためのお願い、お席やライヴマナーのこと(このページ)
  5. みとせライヴのローカルルール~サイン、お手紙、差し入れ、バータイムなど、終演後の楽しみ方について
  6. みとせライヴの魅力を述べよ。(ツイッターで皆様からいただいた感想をまとめたものです)

◆みとせライヴの基礎知識2017~ヨルガツアー版~【03】

3.ライヴハウスの基本システム~ご来場、入場からオーダーなど開演前までの楽しみ方

ライヴハウスは各会場ごとにお作法が違うこともあるので、必ずしもこの説明で万全ではないのですが、初めてライヴハウスに来る、という方のためにのみ、参考程度に書いておきます。「ライヴハウスこわくないよ」編です。

◇入場整列の開始時間
整理番号順入場の整列開始時間ですが、みとせライヴのお客様の整列力が驚異的に高いため、皆様を信頼して開場時間の10分前くらいから整列のお声をかけさせて頂いております。今回は、

・7/14 京都 磔磔10分前(17:50)からスタッフが整理番号順にお呼びします。列形成はありません。近隣は住宅街になっております、静穏にご配慮をいただけますと幸いです。
・7/15 名古屋TOKUZO⇒ご予約のみの方はチケットの引き換え精算が30分前から始まります。早めのご対応にご協力よろしくお願いいたします。列形成については当日TOKUZOスタッフの案内に従ってください。

※入場前に列形成がある場合、お手数をおかけして恐縮ですが、整列が始まりましたら近くにおいでの方に「すみません、何番でしょうか?」とお尋ね頂いて(皆様快く答えてくれますので)、互いに確認しながらご自分の番号あたりを探して列にご参入ください。
入場のタイミングに間に合わなかった(入場済み番号がご自分の整理番号を超えてしまった)ときは、お手持ちの整理番号は無効となってしまいます。その場合はたいへん恐縮ですが、列の一番後ろにお並び頂けますようお願いいたします。
(この方法で一度もトラブルが起こっておりません。皆様の整列マナーの素晴らしさとお気遣いに常に感謝しております。今後も可能な限りこの方法で参ります、ご協力をよろしくお願いいたします。)

当日の状況で臨機応変な部分もありますので、基本はおさえつつ、スタッフの指示があればそちらを優先でお願いします。

◇チケット代、ドリンクチャージの支払いのこと
チケット代はイープラス、ぴあ、などの「入金済みのチケットをお持ちの方」と、ご予約のみで「未精算の方」で少し違いがありますが、整理番号順に整列していただき、ご自分の番号になったら入場カウンターに進んでいただくところまでは共通です

A.京都磔磔(入金済みのチケットをお持ちの方)⇒ご入場時にチケットを提示し、受付スタッフに1stドリンクチャージ(通称ワンドリンク)を支払ってから会場にお入りください。
京都・磔磔のファーストドリンク代は一律600円です。
(もし可能でしたらでかまいません、お釣りが出ないよう、または少なくて済むよう、端数の小銭などご用意いただけましたら、皆様が天使に見えます!)
B.名古屋TOKUZO(ご予約のみで未精算の方)⇒開場30分前よりチケットの引き換えが始まります、ご予約のみの方は早めの引き換えにご協力をよろしくお願いいたします。今回ドリンクオーダーは入場後、テーブルでのオーダーになるそうです。

ワンドリンクの代金とドリンク交換について
ライヴハウスに来たことがない方にとっては謎なシステム「ワンドリンク」。ライヴハウスごとにお作法の違いはありますが、基本的には当日入場時にそのホールの規定の「ワンドリンク」代をお支払いいただく形になります。通例ですとドリンク代を払った際に「ドリンクチケット」というものを渡されます、ドリンクカウンターでドリンクと引き換えるまでなくさないでください。

◇開演前の楽しみ方
会場内に入られますとオーダーカウンターがありまして、ドリンクチケット制の場合はここでチケットとドリンクと交換するのですが、ドリンクの引き換えは開演前だけでなく休憩中でも終演後でも出来ますので、先にお席を確保されることをオススメします(あのへんに座ろう、と思っていた席が、ドリンクを頼んでる間に埋まっちゃった、とかだとせつないですから。)テーブルオーダー制の場合はなおのこと直通でお席選びへ。

⇒まずはお席選び
お席は「自由席」です。ステージに近い席、音環境がよさそうな席、テーブルがあって落ち着けそうな席、ご自分のお好みの席を空いているお席からお選びください。(「お席の確保について」のお願いはこちら)

・京都 磔磔:公演3日前現在の予定としては、ステージ前の前列ブロックは椅子のみを横並べに、後列は椅子とテーブルを配置した形を想定しています。ステージ前で盛り上がりたい方は前列側を、ゆったりご覧になりたい方は後列側のお席を選んでいただくとよいと思います。※当日の状況に合わせて多少の変更が出ましたらご容赦ください。
・名古屋TOKUZO:公演4日前現在の予定としては、前列も後列もほぼ均等にテーブルと椅子を配した形を想定しています。カウンター前にも椅子が出ますので、オーダーしやすい席がいい、この楽器にがぶり寄りたい、など、お好みでお席をお選びください。

⇒ドリンク、フードオーダー、物販、交流など、その後の楽しみ方
お席が確保できたらそのまま座って暫しくつろぐもよし、混雑する前にトイレに行くもよし、物販に特攻するもよし、ドリンクを引き換えに行くもよし、ついでにごはんを頼むもよし。お席を離れる際は、貴重品は身につけたまま(重要!)、お席には何か目印になるものを置いて、移動されてください。お手荷物の管理はご自分でお願いいたします。

・ドリンク引き換え、フードオーダー
オーダーカウンターには「ドリンクチケットで引き換えられるメニュー」が置いてありますので、その中からご希望のドリンクを選んでドリンクチケットを出し、引き換えてお召し上がり下さい。アルコールもソフトドリンクもあります。(未成年の方はソフトドリンクのみですよ!おさけははたちになってから!)
2杯目以降とフードは現金精算です。一杯ごとにメニューに書いてある料金を支払って下さい。テーブルのある席でしたらドリンクやフードを音楽と共に楽しんで頂くのも醍醐味のひとつです。
※なお、ホールによってオーダー方式や支払い方法が違う場合もございます(TOKUZOは「居酒屋」方式で、ひとりに1枚伝票があり、後精算です)、この点はホールのお作法に倣っていただけますようよろしくお願いいたします。

◇その他、初心者の皆様へ
ライヴハウス、たくさんお客様がおいでくださった場合はお席とお席の間があまり広くとれないことがあります。椅子も大きなものではないので、荷物の置き場所があまりありません。お手荷物は少なめにまとめて来て頂くか、もしもやむなく大きな荷物をお持ちの方は、駅のコインロッカーなどに預けておいて頂くと周囲の方もご 自身のお気持ちも楽だと思います。

あとは開演までの時間を、物販に突入したり近隣のお席の方と交流したり、ひとり静かにライヴ前のテンションを高めたりとご自由にお過ごしください。楽しい時間はもうすぐそこです。

そしてもうひとつ、これはみとせからのお願いですが、みとせライヴには「お客様」はおいでになりません、皆さん「参加者」と考えております。笑いたいときは笑い、ノリたくなったらノリ、一緒に歌いたくなったら歌い、MCに突っ込みたいときは遠慮なく突っ込んで(!)ください。大声出したら恥ずかしいとか、立ったら後ろの人に迷惑とか、過剰に気は遣わず、全員で音楽を思いっきり楽しみましょう! 皆様がそうして下されば、ステージで演奏しているわたしたちはその皆様のパワーをもらってもっと楽しい音楽をお返しできるのです。


◇「おひとりさまカード」のこと
みとせライヴ独自のシステムです。おひとりでおいでになった方などは特に、入場から開演までの時間が手持ち無沙汰だったりすると思 います。同じ音楽が好きなわけだし、話したら楽しいかもしれないけど話しかけていいのかどうかわからない!という経験、自分もリスナーでライヴハウスに 通っていた頃よくありました。なので、そんな方のために、「おひとりさまカード」なるものを作りました。
「話しかけてもらって構わないよー」という方は、このカードには最初からみとせのりこにかかわりの深い要素は最初から書いてありますので、ご自分が「この 話ならわかる」と思う単語に○をつけて頂いたり、空白も多めに取ってありますので、その空白に「実はこんなもんも守備範囲です」というものを書き入れて頂 いて、膝の上でも服の上でもテーブルの上でも、見えるところに掲示してみて下さい。同じものが好きな人と声をかけあうきっかけになると思います。

「おひとりさまカード」はステージと客席の境目、左右でいうと真ん中あたりに置いおきますので、お使いになる方はそこからご自由にお取りください(カードを取るふりをして機材のセッティングを眺めたりもできる口実になるぞ!たくさんは作ってないので必要な方だけ取ってね)。おひとりさまカードをご利用予定の方は、筆記用具と何か貼るもの(テープでも安全ピンでもケースでも)をご用意下さいますようお願いいたします。服に貼って頂くもよし、社員証を提げるようなクリップつきのケースで掲示して下さっている方もいらっしゃいました。(その、祭りには全力で参加する姿勢、だいすきです。)
「手持ち無沙汰な時間」が「趣味の話ができる楽しい時間」に変わるきっかけになれば幸いです。


  1. 当日の終演時間目安と、ラストオーダー、閉場時間の目安について
  2. 当日の物販やグッズと、斉唱曲歌詞及び応援グッズについて
  3. ライヴハウスの基本システム~ご来場、入場からオーダーなど開演前までの楽しみ方 (このページ)
  4. みとせライヴのローカルルール~皆が気持ちよく過ごすためのお願い、お席やライヴマナーのこと
  5. みとせライヴのローカルルール~サイン、お手紙、差し入れ、バータイムなど、終演後の楽しみ方について
  6. みとせライヴの魅力を述べよ。(ツイッターで皆様からいただいた感想をまとめたものです)

◆みとせライヴの基礎知識2017~ヨルガツアー版~【02】

2.当日の物販やグッズと、「隊歌零番」斉唱曲歌詞及び応援グッズについて

ヨルガ公式応援グッズ

■「帝都復興機関詞」応援旗印作成キット

S__17571846

ライヴTシャツの制作を担当する「和柄Tシャツ工房~靖~」さんからモチーフをいただいて、小さな旗を作れるキットをつくりました。プリンターとA4の紙、割り箸をご用意ください。切って貼るだけでできあがりです。ライヴといえば「うちわ」が主流ですが、ヨルガの世界観なら「旗」でしょう! 是非この旗印をその手に掲げ、隊歌零番、共に斉唱いたしませう。終演後、御旗にサインをもらうのもアリですよ?

ダウンロード (PDF)

 

 

■「軍楽~隊歌零番~」斉唱のための歌詞

lyric

ライヴではお席の皆様も共に斉唱するのが定番となっております「軍楽~隊歌零番~」の歌詞です。当日これと同じものをお配りしますが、先んじて練習されたい方、自分専用の歌詞カードをお持ちになりたい方に。

ダウンロード (PDF)

 

◇物販について
物販は開場後から開演前、休憩中、終演後とブースを開けております。物販は会場内で行っておりますため、入場せずに物販を利用することはできません。終演後については、終演時間にもよりますが、終演後30分を目安に物販をしめさせて頂くことが多いです。
また、持ち込んだグッズやCDには数量に限りがあるものがございます。売り切れの場合はご容赦下さい。
※京都 磔磔⇒ホール後方(客席と同じフロア内)予定
※名古屋TOKUZO⇒ホール後方(客席と同じフロア内)予定

■ヨルガ公式ツアーTシャツ

DD-mQLoU0AAumxp

DD-mQLoU0AEbITL

「邪鬼祓」
サイズ展開:S/M/L/XL
ボディカラー:ホワイト
プリントカラー:黒、赤、墨
価格:¥3000

和柄Tシャツ工房~靖~謹製

※画像クリックで拡大します

『ヨルガⅡ』収録の人気曲「鬼祓エ」に着想し、退魔の御札をイメージしたTシャツ。版からプリントまですべてを手作業でこなした、帝都の土産屋「靖」の手仕事が光る一枚です。丈夫で長持ち、サイズ展開も豊富。男女どちらが着ても様になる絶妙な匙加減の和柄。うちのライヴ Tシャツは常に普段着にもヘビロテできるのが自慢です!

 

■Silver製チャーム

charm

ゆきじるしエンブレムチャーム(燻し加工)
※京都・名古屋とも5点限定
材質:シルバー
価格:¥2000

シルバーアクセサリー「SUNbath」謹製

3月のレコ発ライヴ@帝都にスペシャルエディションとして出された「雪輪」と「みとせのイニシャルM」を組み合わせた「ゆきじるしエンブレム」のチャーム。ツアーのために数量限定でリバイバル。質と加工のよさは保証します!

※指輪土台と結晶モチーフはみとせ私物で商品に含まれません。チャームTOPのみになります。


  1. 当日の終演時間目安と、ラストオーダー、閉場時間の目安について
  2. 当日の物販やグッズと、「隊歌零番」斉唱曲歌詞及び応援グッズについて(このページ)
  3. ライヴハウスの基本システム~ご来場、入場からオーダーなど開演前までの楽しみ方 
  4. みとせライヴのローカルルール~皆が気持ちよく過ごすためのお願い、お席やライヴマナーのこと
  5. みとせライヴのローカルルール~サイン、お手紙、差し入れ、バータイムなど、終演後の楽しみ方について
  6. みとせライヴの魅力を述べよ。(ツイッターで皆様からいただいた感想をまとめたものです)

◆みとせライヴの基礎知識2017~ヨルガツアー版~【01】

どんなものにも必ず「初めて」というものはありまして、当然ですが「ライヴハウスに初めて行く」という方もおいでになることと思います。そして今年のツアーは「ヨルガバンド」で行く初めてのツアー。みとせは京都での公演も初めてです。そんなお互い初めてどうしの部分もありますゆえ、よくいただくライヴについての疑問へのお答えや、みとせライヴではこんな形でやっていますという独自のお約束などを順次更新して参ります。個々のライヴハウスに よってお作法が微妙に違う部分もあるのですが、だいたいこんな感じです、ということで、「みとせライヴの基礎知識」、ライヴにおいでくださる皆様、ライヴにわからないことがある皆様はご一読頂けますと幸いです。

※みとせライヴ独自のものですが、皆様が気持ちよく過ごせるお時間のためのお願いがあります。ライヴ猛者の皆様も、お手数ですがご同行者様のお席の確保についてはご確認いただけますようお願いいたします。サインのご希望や、有難くも差し入れなどをお考えの方は、差し入れについてもご一読ください。

  1. 当日の終演時間目安と、ラストオーダー、閉場時間の目安について(このページ)
  2. 当日の物販やグッズと、斉唱曲歌詞及び応援グッズについて
  3. ライヴハウスの基本システム~ご来場、入場からオーダーなど開演前までの楽しみ方 
  4. みとせライヴのローカルルール~皆が気持ちよく過ごすためのお願い、お席やライヴマナーのこと
  5. みとせライヴのローカルルール~サイン、お手紙、差し入れ、バータイムなど、終演後の楽しみ方について
  6. みとせライヴの魅力を述べよ。(ツイッターで皆様からいただいた感想をまとめたものです)

1.当日の終演時間目安と、ラストオーダー、閉場時間の目安について
交通手段や終電などでやはり気になる終演時間、閉場時間。それぞれの会場ごとに規定と目安をご案内いたします。帰路選びや終演後のご予定を立てる参考になさってください。

■7/14(金) 京都 磔磔
開場:18:00(開場10分前より整理番号順にコール、列形成なし)
開演:19:00(中休憩ナシ、一部構成)
終演:21:00(音止め時間)
フードラストオーダー:22:30(ドリンクラストオーダー23:00)
閉場:23:20目安

磔磔は21時音止めです。「音止め」というのは、スピーカーから大きな音が出せなくなることを言います。つまり21時には必ず終演しているということです。19時開演、21時音止めと、いつものみとせライヴより時間が短い分、京都公演は中休憩を挟まずに、開演から終演まで通しの一部構成で、できるだけたくさん曲をお届けいたします。

21時の音止め以降はフロアはバー営業になります。フードも22時半まではオーダーでき、客席で飲食もゆっくりしていただけます。みとせやメンバーも終演後は客席に出て(たぶんライヴ後の一杯を引っ掛けながら)サインなどもさせていただきます。終演が早い分、サインや交流のお時間が長く取れるということで、どうぞ遠慮なくお声掛けてやってください。(サインや撮影などをご希望の方は、こちらの「終演後の楽しみ方」をご一読くださいますようお願いします)
ラストオーダー後、閉場は23時過ぎ目安です。

■7/15(土) 名古屋TOKUZO
開場:17:30(開場30分前よりチケット引き換え開始)
開演:18:30(中休憩あり、二部構成)
終演:21:40予定
※終演後TOKUZOは朝5時まで営業の居酒屋になります

この日は開場が17時半と早めです。お間違いなくおいでください。
開場・開演が早い分、中休憩もゆったり挟んだ前半後半の二部構成で、MCもゆっくり楽しんでいただけると思いますし、美味しいごはんとおさけもゆっくり楽しんでいただけると思います。MC中のオーダーもOKです、TOKUZOスタッフさんがきっちり対応してくれます。
終演は21時40分頃を予定しています(TOKUZOさんの音止め時間は22時なので、22時には何があっても終演しています)。

終演後のTOKUZOはそのまま朝5時まで営業の居酒屋になります。ツアーもこの日が最終日、みとせも翌日の公演を控えておりませんので、2杯目以降のおさけも飲めます! メンバーもフロアに出まして、お時間に余裕のある方は我々と共にぷちナカウチの乾杯をいたしましょう!

乾杯が無事できましたらみとせもメンバーも、喜んでサインなどさせていただきますので、遠慮なくお声をおかけください。営業時間内はTOKUZOで過ごすことができますが、終電の時間などそれぞれのご都合をお忘れなきようご留意ください。そしてみとせには終電の都合はありませんが、おそらく2日間の体力消費で25時くらいににんげんの電源が切れるのではないかと思います。サイン等のご要望は電池切れ前までに(笑)お願いいたします。

◆みとせライヴの基礎知識<保存版>

どんなものにも必ず「初めて」というものはありまして、当然ですが「ライヴハウスに初めて行く」という方もおいでになることと思います。そこで、皆様からよく頂くライヴについての質問へのお答えや、みとせライヴではこんな形でやっていますという独自のお約束などをまとめました。個々のライヴハウスに よってお作法が微妙に違う部分もあるのですが、だいたいこんな感じです、ということで、「みとせライヴの基礎知識」、ライヴにおいでくださる皆様、ライヴにわからないことがある皆様はご一読頂けます と幸いです。

※みとせライヴ独自のものですが、皆様が気持ちよく過ごせるお時間のためのお願いがあります。ライヴ猛者の皆様も、お手数ですが「ご同行者様のお席の確保について(リンクページ末尾)」と「差し入れについて(リンクページ末尾)」だけはご確認いただけますようお願いいたします。

・みとせライヴの基礎知識<保存版>
ライヴハウスの基本システム~ご来場、入場から開演前まで
⇒主にライヴハウスに初めておいでになる方向けのご案内。チケットの精算方法についてや整理番号での整列、開場・入場から開演時間まで、つまりメイン ディッシュである演奏が始まる前の、基本的な「ライヴハウスでの通例」をまとめました。(ライヴハウスに初めて来る方定番の疑問、「ワンドリンク」につい てもこちらに書いてあります。)

・みとせライヴの基礎知識_01<保存版>
みとせライヴのローカルルール01~演奏時間やライヴマナー、お席のこと、他
⇒気になる終演時間の目安と、所謂「ライヴマナー」についてまとめました。一部にみとせライヴならではのローカルルールがあり、そういう部分はあくまで 「みとせからのお願い」という形にになりますが、ご一読いただいて、ご来場の皆様に快く同じ空間を過ごしていただけるよう、ご協力をいただけましたら幸い です。
「おひとりさまカード」についてもこちらです。

・みとせライヴの基礎知識_02<保存版>
みとせライヴのローカルルール02~物販やサイン、差し入れのこと、終演後のこと
⇒ライヴの中で「演奏」に直接関わりはないものの、ライヴの楽しみの片翼を担う物販や、終演後のサインなどについてまとめました。こちらも一部にみとせラ イヴならではのローカルルールがありますので、サインをご希望の方、記念撮影をご希望の方、差し入れをお持ちくださる方は、ご一読頂けますようお願いします。
ライヴTシャツなどの販売物についてもこちらに記載しています。

・みとせライヴの魅力を述べよ。
みとせのりこライヴの魅力を、ライヴに来たことがある皆様にツイッター上で「#みとせライヴの魅力を述べよ」で語っていただいたツイートのまとめです。下手にわたしが説明するより、これを見ていただいた方がそのまま伝わると思います。是非ご覧になってください。