カテゴリー別アーカイブ: Info

◆12/2(土)みとせのりこ with 片霧烈火 ~W生誕祝祭~ [ ソワレ+オールナイト 二本立て ] 別名、誕生日なので好きなことやるよ!祭。

みとせのりこ(12月3日生まれ)、12/2(土)のソワレから続けての、生誕祝祭ライヴ&オールナイト居酒屋トークライヴのスペシャル二本立てというトンデモ企画を開催いたします。今回はさらに、みとせと誕生日が5日違いの片霧烈火(12/8生まれ)も召喚しての「ダブル生誕祭」です。

bn02_1202_1200_600

  1. [ ソワレ ] ふたりとふたつの物語(朗読とピアノDUO)
  2. [ オールナイト ] かふぇー・みとせ(居酒屋TIMEとトークライヴ)
  3. 誕生日特別企画、晴れ豆Presents!「みとせのりこと片霧烈火に誕生日の祝い酒を振舞おう<ワンコインぽちご祝儀>企画」

「誕生日くらい空気を読まず自分たちの好きなことばかりやろう!」ということで、ソワレの演目はみとせのりこ+片霧烈火による朗読と、ライヴパートはピアノとヴォーカルのみの刺身編成(笑)でお届け。いずれのパートも伴奏はおなじみ我らが佐藤真也和尚がつとめます。(みとせと烈火ちゃんが揃ったら暗黒系か少女系に傾いていくと思いますが、めでたくなくても自分たちの誕生日だからいいんです! 好きにさせろ!)

そしてソワレの公演終了後には、「かふぇー・みとせ」と銘打って、みとせによるオールナイトでの居酒屋TIME & トークライヴに突入。みとせの誕生日は12/3なので、オールナイトイベントに参加してくださる方はほんとに誕生日を迎える瞬間を共にカウントダウンしていただく形になります。(わたしたぶん誕生日当日にライヴやるの初めてです…!)

さらには誕生日特別企画、晴れ豆Presents!「みとせのりこと片霧烈火に誕生日の祝い酒を振舞おう<ワンコインぽちご祝儀>企画」もあります。
簡単に説明すると、有志の参加者様におひとりワンコイン(500円)のぽちご祝儀を募って、そのご祝儀で誕生日を迎える我々にいいおさけとケーキを振舞ってくださろうというなんだかものすごいしあわせな参加型企画です。すごいよ、祝ってもらう側としてはなんかもうすごいですよ!挙動不審になっちゃう!

などと右往左往するみとせはおいておいて、当日は晴れ豆さん恒例のスペシャルメニューも勿論ご用意いただけます。畳の上でぐだぐだトークをしながら(もしかしたら飛び入りトークゲストが酒に釣られて来てくれるかもしれない!)、共に朝まで酌み交わしましょう。

始発が動くまで宴は続いております。帰るのがめんどくさくなっちゃった方も、このまま畳と一体化したい方も、終電逃しちゃっただけの方も、朝まで楽しく誕生日を祝ってやってくださいまし。

挙動不審に「全力で祝ってもらう待機」して、愛すべき皆様をお待ち申し上げております。


◆12/2(土)みとせのりこ with 片霧烈火 ~W生誕祝祭~ [ ソワレ+オールナイト 二本立て ]
別名、誕生日なので好きなことやるよ!祭。

とき:
[ ソワレ ] 12/2(土) 18:00 開場 / 19:00 開演
ふたりとふたつの物語(朗読とピアノDUO)』
出演:みとせのりこ(朗読+vo.) / 片霧烈火(朗読+vo.) / 佐藤真也(pf.)
※ゲストが増えるかもしれません、続報あれば都度付記いたします

[ オールナイト ] 12/2(土) 23:00入れ替え入場開始 / 23:45 開演~12/3(日)朝5:00閉場
かふぇー・みとせ(居酒屋TIMEとトークライヴ)』
出演:みとせのりこ(トーク)
※飛び入りトークゲスト大歓迎!と音楽仲間たちに伝えておりますれば、みとせのりこの人徳が試されます

ところ:
代官山 晴れたら空に豆まいて(※今回はオール畳敷きのお座敷豆仕様です)
http://mameromantic.com/

Charge:
◎「ふたりとふたつの物語」+「かふぇー・みとせ」通し券
ご予約のみ ¥4,000-(1Drink¥600-別)※通しで500円の割引です

◎「ふたりとふたつの物語(朗読とピアノDUO)」[ ソワレ ]
単独ご予約 ¥3,300-(1Drink¥600-別) 単独当日 ¥3,800(1Drink¥600-別)

◎「かふぇー・みとせ(居酒屋TIMEとトークライヴ)」[ オールナイト ]
単独ご予約、当日共に ¥1,200-(1Drink¥600-別)
※オールナイトはご予約も当日も同料金です、帰りたくなくなった、終電逃がした、という方も是非くつろいでいってください

【 晴れ豆Presents! 誕生日特別企画オプション 】
◎「みとせのりこと片霧烈火に誕生日の祝い酒を振舞おう<ワンコインぽちご祝儀>」企画!
ワンコインぽちご祝儀 ¥500-
※晴れ豆スタッフさんより⇒皆様のお気持ちで集まったワンコインご祝儀で、晴れ豆スタッフが厳選したお祝いのお酒とケーキをみとせさん+片霧さんにご用意します。たくさんのお気持ちをいただければよいお酒でお祝いできます(お気持ち次第ではケーキの他に美味しいおつまみだってついちゃうかも!?)。皆様の愛を心のぽち袋に詰めて是非。
(ご参加はおひとりひとぽちのみ、当日チケット代と一緒にぽちご祝儀もお納めください)

ご予約開始日:
10月24日(火) 00:00~受付開始(※フライング無効です、ご注意下さい)
※23日(月)が24日(火)に化ける瞬間の0時です、お間違いなきよう。感覚的には23日の深夜24時という感じだと思います。

ご予約方法:
お申し込み専用フォームhttps://goo.gl/forms/Zu9OExa77mDCN7eL2
※お申込のタイムスタンプによる先着順受付、抽選なし。
※定員に達した場合はその時点で受付終了となります。

・整理番号について
お申込タイムスタンプの順番に、開場時間まで有効の入場整理番号を付与致します。当日はこの番号順にご整列頂き、順にご入場頂きます。早めのご入場をご希望の方はお早目のお申込をお奨めいたします。

・座席について
今回はソワレ、オールナイト共に畳敷きの「お座敷仕様」です。履物を脱いで畳に直接座っていただきます。着脱のお楽な履物でおいでいただけますと幸いです。直座がおつらい方にはベンチシート部分を優先席とさせていただいておりますので、譲り合いとご配慮をいただけますと幸いです。

◇キネマ・イン・ザ・ヨルガ~甲府桜座旅のしおり~【番外編】

せっかく甲府に来たわけですし、ちょっと観光したり買い物したり美味しいもの食べたりしたい、という方に、みとせの狭い行動半径でピックアップできているちょっといいところ紹介です。

・藤村記念館(甲府駅前、洋館)

8225_01甲府駅北口側目の前のの広場にある擬洋風の可愛い洋館。小学校だった建物を移築したものだそうです。入館無料、撮影可能。洋館の中でも擬洋風建築が大好きなみとせとしてはテンションの上がる素敵な場所です。内観や窓も可愛い。
http://www.yamanashi-kankou.jp/kankou/spot/p_8225.html

 

・山梨県庁(甲府駅近く、洋館)

2102-m024-06甲府駅から桜座側の出口を出て割と近くにあります。県庁に用事なんかないと思われるかもしれませんが、すごくいい古い建物なんです。誰でも入れますので、散策するだけでも価値ありですよ。画像はこちらにたくさん載ってます。
http://kenchiku228.blog85.fc2.com/blog-entry-213.html
あーんど、山梨県庁、昨年こんな猫スポットとしてのニュースにもなってました。
http://www.sankei.com/premium/news/161120/prm1611200011-n1.html

・山梨に点在する藤村式建築【疑洋風建築】 – NAVER まとめ https://matome.naver.jp/odai/2140171318237417301
そして実はけっこう山梨って儀洋風の洋館がたくさんあるんです。どこかに情報まとまってないかな、と思ったらありました。横着して記事にリンクでごめんなさい~。

⇒中央線特急で「松本」まで行く気があれば、見所満載の旧開智学校もありますが…(たぶんtaikaちゃんが写真撮ってたとこ)
http://www.hamanoyu.co.jp/p5df24299/

・Hops And Herbs [ ホップス アンド ハーブズ ](桜座並び・クラフトビール)

20170526225430アウトサイダーブルーイング直営のビアバー。場所は桜座の並び、というか空き地をひとつ経てほぼ隣(笑)。土日祝は昼の12時~24時まで営業しているので、開演前でも閉場後でも飲むことができます。店舗は2階ですが、1階の扉を覗くと醸造所がガラス越しに見えて、できたてのビールが飲めるのを実感(あとメカメカしくて個人的に萌える)。桜座に個人でライヴを観に行ったらみとせも絶対ここで一杯(いや何杯か…)引っ掛けてます。
公式:http://outsiderbrewing.jp/
この記事が判りやすいかな。http://www.yamaonsen.com/entry/hops_and_herbs

・甲州夢小路(甲府駅北口徒歩3分・ショップモール)

pict_08甲州の城下町を再現した建物に、甲州のいろんないいところを詰めたショップが入ってます。安価でワインを試飲できる店、信玄餅の店、濃い味で美味しいアイスクリームの店、葡萄のスイーツの店、和雑貨の店、鉱石アクセサリーの店(実は山梨、水晶の産地で有名)…などなど。コンパクトにまとまっているのでお土産を買うのにも便利。そして密かな推しはここの「小さな蔵の美術館」。アンティークジュエリーの所蔵がとんでもないのです。アンティーク系の服飾が好きな方なら500円でおなかいっぱい満足できます。
公式:http://koshuyumekouji.com/

 

・SADOYAワイナリー(甲府駅北口5分・ワイナリー見学、試飲など)

pict_01 甲府駅北口からほんの5分歩くと駅近とは思えない建物と施設がどーんとあります、SADOYAワイナリー。前述の「甲州夢小路」のすぐ近く。地下のワイナリーを見学できたり(要申し込み・500円)、試飲コーナーや売店もあります。地下のワインセラーは地下室萌えやホラー好きにはたまらない景観ですよ…わたし行ったとき、ちょっと変な笑い出たもん(笑)。勝手に動いていいわけではなく、案内してくれる方がついていろいろ説明してくれるんですが、説明が手馴れすぎててちょっと某ネズミの国のお城のミステリーツアーを彷彿とします。試飲できる銘柄にはなかったかもしれませんが、SADOYAのワインには「シャトーブリヤン・ミュール」という名前のものがあって、アルトネゴゴロをくすぐります。
公式:http://www.sadoya.co.jp/winery/
ワイナリーはこんな感じ:http://koshuyumekouji.com/walk/003.html

・サントリー白州蒸留所(小淵沢・ウイスキー工場見学、試飲)

hakushu_top甲府駅から新宿方向に戻るJR中央本線で40分くらいの「小渕沢」という駅にあります、サントリーの白州工場。白州ハイボールでおなじみの質のいいウイスキー。蒸留所の見学及び試飲などができます。見学(要予約)は有料コース・無料コースといろいろあります。わたしは行ったことが残念ながらないんですが、行った人は口を揃えて「樽とウイスキーの馥郁たるかほりが漂っていてここは天国かと思った」と言います。蒸留酒のお好きな方は是非。
公式:http://www.suntory.co.jp/factory/hakushu/info/
参考に試飲までのレポートブログ:https://ameblo.jp/genkimatsumaru/entry-12189436267.html


  1. 当日のタイムテーブルや公式応援グッズについて
  2. 一期市のご案内
  3. 【番外編】みとせの個人的おススメぷち観光スポット、洋館&アルコホルどころ(このページ)
  4. ライヴハウスの基本システム~ご来場、入場からオーダーなど開演前までの楽しみ方(桜座版)
  5. みとせライヴのローカルルール~皆が気持ちよく過ごすためのお願い、お席やライヴマナーのこと
  6. みとせライヴのローカルルール~サイン、お手紙、差し入れ、バータイムなど、終演後の楽しみ方について
  7. みとせライヴの魅力を述べよ。(ツイッターで皆様からいただいた感想をまとめたものです)

◇3/4(土)みとせのりこ×弘田佳孝 「yorlga2」発売記念ライヴ【 帝都復興機関詞 第二節 】@吉祥寺吉祥寺 Star Pine’s Cafe

20170304_bn_01_1200_600

※当日券、原則として後方での立ち見になりますが、若干枚数お出しできることになりました
※椅子をお出しできない分を考慮して、前売りと同額¥3,900-になります
※前売り券をお持ちのお客様の入場待機列がなくなった後からの受付、ご案内になります
※ご予約はできません、当日会場スタッフの指示に沿ってご入場ください

■「帝都復興機関詞」応援旗印作成キット
C54VlJ1VAAAr_a4公式ライヴTシャツの制作を担当する「和柄Tシャツ工房~靖~」さんからモチーフをいただいて、こんな小さな旗を作れるキットをつくりました。プリンターとA4の紙、割り箸をご用意ください。切って貼るだけでできあがりです。
ライヴといえば「うちわ」が主流ですが、ヨルガの世界観なら「旗」でしょう! 是非この旗印をその手に掲げ、隊歌零番、共に斉唱いたしませう。

ダウンロード(PDF)

 

■ヨルガ公式ライヴTシャツ
20170217_170221_0002

「誉(ほまれ)」
サイズ展開:S/M/L/XL
ボディカラー:へザーブラック市
プリントカラー:黄金(こがね)
価格:¥3000

会場内同時開催「一期市」靖ブースにて販売

 

■同時開催:一期市詳細ページへ
※会場内のみでの開催
出店店舗
和柄Tシャツ工房~靖~ / SUNbath / Fine Art

=====

長とお待たせいたしましたアルバム「ヨルガⅡ」もとうとう弥生朔日のお目見え。その日より数えること三夜、すなはち3月4日の土曜、大正百年の1月15日から7年の時を経て再び、帝都に大正元号の楽の音が響きます。

初作のライヴタイトルを引き継ぎ「帝都復興機関詞 第二節」と銘打って、満を持してのレコ発ライヴ。1作目の発売ライヴでは、ロビーにて鉱石アクセサリーや骨董、和柄Tシャツやグッズなどを集めた「一五市」を開催、好評を博しましたが、今回の「第二節」でもさらに充実の市を開催いたします。今回は同じ音でも「一期市一」。一期一会の出会いがございますれば幸いに存じます。出店の名前は追っておしらせいたします故、もう暫しお待ちを。

会場となる吉祥寺すたーぱいんずかふぇーの皆様も、今から素晴らしき宴の酒盃に美味なる食を準備してくださってをります。市に酒食に楽の音に、人に笑いと揃いましたら、其処は紛うかたなき一夜の祭りの社となりませう。

紳士淑女の皆々様、7年ぶりの帝都復興の音楽祭、和装のみならず大正レトロに装って、否々衣類には及ばずともそのお心を祝祭にて装い、どうぞ共にこの宴の一員となってくださいますよう、心より御願い申し上げます。

 

◆みとせのりこ×弘田佳孝 「yorlga2」発売記念ライヴ【 帝都復興機関詞 第二節 】

とき:2017年3月4日(土) 開場17:00 開演18:00
※前売り完売、当日券(立ち見)、若干枚数出ます

ところ:吉祥寺 Star Pine’s Cafe (http://mandala.gr.jp/SPC/

出演:みとせのりこ(Vo)
kulko=弘田佳孝(Bass)
佐藤真也(Pf/Key)
福田真一朗(G)
諏訪昌孝(Dr)

Charge:ご予約 ¥3,900(1Drink別)完売御礼 / 当日 ¥4,400 立ち見¥3,900-(1Drink別)

ご予約方法:イープラス
【お申込受付URL】http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002214146P0030001
※お申込先着順受付、抽選なし
※定員に達した場合はその時点で受付終了となります

ご予約受付開始日:1/21(土) 10:00~
※申し込み先着順に整理番号あり

■イープラスでの購入にはイープラスへの会員登録が必要になります。
■「クレジットカード決済、スマチケ#受け取り」「コンビニ支払い、コンビニ発券」にした場合、手数料は一切かかりません。
#スマチケ:イープラススマホアプリ利用での電子チケットサービス
が、それ以外の方法の場合、チケット代金以外に、システム利用料(1枚につき216円・チケット代金に加算)、コンビニ店頭発券手数料(1枚につき108円・チケット発券時に支払い)が発生します。チケット受け取りを郵送にした場合、送料がかかります。
⇒手数料一覧:http://eplus.jp/page/eplus/whats/receive.html
■整理番号は発売開始(10:00~)後、先着順に付与。予約流れがあれば流れた翌日10:00より若番から順に再販されます。
※整理番号はチケット購入時に確認出来ます。

整理番号について:
入場整理番号は開場時まで有効です。当日はこの番号順にご整列頂き、順にご入場頂きます。ご来場いただく全ての方の分の椅子をご用意しておりますが、お席は自由に選んでいただく形になりますので、お席の位置にご希望やこだわりをお持ちの方は、お早目のお申込をお奨めいたします。

 

■同時開催:一期市
※会場内のみでの開催市
出店店舗一覧(商品画像はクリックで拡大します)

・和柄Tシャツ工房~靖~

20170217_170221_0002

 

Tシャツ他
http://sei777.com/
https://twitter.com/sei_information

 

 

・SUNbath

S__6004744
シルバーアクセサリー
https://twitter.com/sunbath7
http://www.sun-bath.net/top.html

 

 

・Fine Art

S__22470670

 

アクリル雑貨、サンドブラストグラス、スチームパンクアクセサリー、他
https://twitter.com/FineArt0508
https://twitter.com/pasha_lx

◆みとせのりこミニアルバム「tSoLE」 10/25「M3秋」にて委託販売(みとせも参加します)

tsole_key_03_600_300

夏の初めから水面下で制作を始動し、夏の間勤しんでおりましたミニアルバム「tSoLE」、無事マスターアップいたしました!(上の画像をクリックしていただくと特設サイトに飛びます)

三滝航さんとのコラボレーションによる5曲入りのミニアルバム。「tSoLE」は”ツォーレ”と発音してください。近年ライヴに注力してきたり、バンドアルバムを出したりと、「生音」を重視した作品や活動が多かったみとせですが、今回はそのあたりの比重感覚がキルシェ時代のセンスに少し揺り戻ったような作品になっています(感覚、という表現をした意味は、音を聴いていただくと「ああ、なんとなく理解」って思えると思います)。とはいえキルシェほど素朴でもなく、バンドアルバムほどリアルでもなく、一緒に組む人が変われば表現として生まれる作品も少し変わってくる、そんな、音楽をやる上で自分が大事にしている「受け入れる変化と貫く自分」を今回もいいバランスで出せたと思っています。

参加ミュージシャンとして、みソ部でおなじみのDaniさん、太田光宏さん、そして「Zの螺旋」でこのアルバムから先行演奏した「窓」でヴァイオリンを弾いてくださった菅野朝子さんにも参加していただきました。全5曲のミニアルバムですが、曲の個性もそれぞれに違って彩り豊富です。何度も聴き返せるアルバムだと思います。このアルバムを好きだと感じてくださる方のところに、ひとつでも多くこの音が届きますよう。

◆10/25に開催される音楽系同人作品即売会「M3秋」 @東京流通センターにて、作曲家・三滝航のスペース「Studio Lepus(第2展示場2階 サ-11b)」での委託販売が決定いたしました。当日はみとせも同席して販売のお手伝いをさせていただきます。サインなどのご希望に対応できるのは午後(おそらく13時以降)になってしまうかと思われますが、可能な限り応じさせていただきたいと思っておりますので、遠慮なくお声をおかけいただければ幸いです。

みとせバンド秋ツアー、無事に終了いたしました!有難うございました!◆10/9-10-11に行われるみとせのりこソロバンド[秋]ツアー、心斎橋SOMAを初売りとし、名古屋TOKUZO、甲府桜座とライヴ会場にて先行 販売いたします。(10/3の東京公演に間に合わずすみません、かわりに3日は会場内で全曲ノーカットでオンエアします。)試聴も近日には公開予定ですので、楽しみにお待ちください。

◇10/3(土),10/9(金)-10(土)-11(日)東名阪甲府みとせバンド[秋]ツアー ~神無月のみとせ湯~

mitoseyu_10_key02

やってきましたみとせバンド3回目の西方ツアー!今年は温泉~みとせ湯~をテーマにお送りしてきたみソ部、ツアーも勿論みとせ湯移動営業中。ホットでほっとなアツアツの癒し空間をお届けいたします。10/3(土)の東京@吉祥寺GB「掛け湯の儀」を皮切りに、10/9(金)大阪@心斎橋SOMA-10(土)名古屋@TOKUZO-11(日)甲府@桜座と4日間の温泉巡業でございます。

初日の吉祥寺GBは早め開演でゆったりたっぷりの~んびり、存分にみとせ湯を堪能していただけます。大阪は初出演させていただく心斎橋SOMA。広くてバーカウンターも別途併設されているSOMAでは、今まで大阪公演ではご用意できなかったスペシャルドリンク&フードも楽しんでいただけます。「音楽する赤ちょうちん」である名古屋TOKUZOはもうみソ部ファンにはおなじみ。終演後は朝5時まで営業の居酒屋だけあって、おさけもごはんも絶品です。そしてあの空間そのもののファンも多い和洋折衷アンティークの甲府桜座は、今年は日帰りも可能な早めの開演&帰らない人は勿論恒例のナカウチにもご参加いただけます。

恒例の「和柄Tシャツ工房~靖~」謹製ツアーTシャツに、あがりたてほやほやのみとせのりこミニアルバム「tSoLE」会場限定先行販売に、勿論メンバーの音盤など、生音と食と飲酒以外の楽しみもございます。みとせライヴでおなじみ、ライヴハウスのコロポックルさんことカメラマン波岡波魚さんのつくった「みとせバンドとうほくツアーROM写真集」も委託しております。

bC04L tsole_jk msb_tht2015_photo_namiwo

…と、そんな盛りだくさんに楽しみを詰め込んだ~神無月のみとせ湯~、みソ部ライヴに参戦してライヴのヨロコビに嵌っちゃった皆様も、狙ってたけど今まで行けなかったという初参戦の皆様も、みとせのことをあんまり知らないけど悪い友人に巻き込まれちゃった皆様も、是非共に魅力溢れる音楽と自由すぎるMCとソロの応酬と、美味しいおさけとごはんとで、共にほかほかつやつやになりましょうぞ。

浮世の憂いをデトックスして湯上り温泉たまごとろりんになれる最高の4日間、是非ご一緒に!みとせ湯じゆうぎょういん一同、皆様のご来館を心よりお待ち申し上げております。

◆一斉予約開始日:7/23 00:00~(22日24時=23日0時、フライング無効)
※整理番号はご予約メールのタイムスタンプ順

◆10/3(土) @吉祥寺 Rock Joint GB 「掛け湯の儀」
http://www.rock-gb.com/
開場17:00/開演17:45
予約¥4200/当日¥4700 全席着席・座席指定ナシ
※ご予約方法や公演詳細は上のタイトルをクリックして詳細ページへ

◆10/9(金) @心斎橋SOMA 「壱ノ湯」
http://www.will-music.net/soma/index.html5
開場18:00/開演19:00
予約¥4200/当日¥4700 全席着席・座席指定ナシ
※ご予約方法や公演詳細は上のタイトルをクリックして詳細ページへ

◆10/10(土) @名古屋TOKUZO 「嵌リ湯」
http://www.tokuzo.com/
開場17:30/開演18:30
予約¥4000/当日¥4500 全席着席・座席指定ナシ
※ご予約方法や公演詳細は上のタイトルをクリックして詳細ページへ

◆10/11(日)@甲府 桜座  千秋楽「(後ノ)祭リ湯」
http://www.sakuraza.jp/
開場16:00/開演16:30
※東京近県なら電車で帰れます!⇒21:09の特急に乗ると新宿に22:37着
予約¥3700/当日¥4200 全席着席・座席指定ナシ
※終演後には恒例「湯上りおびあの儀」、ご来場者様を含めたカオスと怒涛のナカウチあり〼
※ご予約方法や公演詳細は上のタイトルをクリックして詳細ページへ

◆物販情報

みとせバンドツアーTシャツ2015 「雪兎(セット)」

set

サイズ:150.S.M.L.XL ボディカラー:黒 価格:¥3000(10/3 吉祥寺GBより販売開始)

みとせのりこミニアルバム「tSoLE」 ライヴ会場限定先行販売

tsole_jk

会場限定価格¥1500(10/9 心斎橋SOMAより販売開始※初売の9日にはご購入者様に特典としてライナーノーツをプレゼント。翌日以降も残部があれば配布しますが、なくなり次第終了。)

◇10/9(金)@心斎橋SOMA みとせバンド[秋]ツアー~神無月のみとせ湯~「壱ノ湯」

◆10/9(金)@心斎橋SOMA みとせバンド[秋]ツアー~神無月のみとせ湯~「壱ノ湯」

とき:
10月9日(金) 18:00 開場 / 19:00 開演

ところ:
心斎橋SOMA http://www.will-music.net/soma/index.html

出演:
Vocal:みとせのりこ
Violin:壷井彰久
Guitar:太田光宏
Keyboards:佐藤真也
Bass:Dani
Drums:諏訪昌孝

Charge:
前売:4200円(ドリンク別) ※全員着席、座席指定なし、整理番号順入場
当日:4700円(ドリンク別) ※全員着席、座席指定なし、整理番号順入場
⇒当日受付にて1Drink(500円)のオーダーが別途必要となります
※チケット代+ドリンク代の精算は当日、入場時に受付にて。整理番号順に並んでお待ちください。

ご予約受付開始日:7月23日 0時より
※22日が23日に変わる午前0時=22日深夜24時です、お間違いありませんよう
返信はSOMAより、【24日午後】以降順次行われます(⇒都合により返信まで1日空きますが、ご理解いただければ幸いです。返信状況は都度みとせのりこツイッターやこのページでおしらせいたします)

ご予約方法:SOMA メール予約→[soma-ti@will-music.net]
公演日・出演者名・予約者氏名・予約人数・E-mailを記入してお申し込みください。

※23日0時より前のお申し込みは無効となりますのでご注意下さい。
※メールのタイムスタンプによる先着順受付、定員に達し次第受付終了。
※記載漏れがありますとご予約をお受けできないことがありますのでご注意下さい。
※受付番号が当日の入場整理番号となりますので、よいお席をご希望の方(※「◆お席について」をご参照下さい)は早めのお申込をお勧め致します。

◆お席について
整理番号は開場時間の入場順を示すもので、会場に入りましたらお席は自由席となります。お席はチケットと同じ数だけご用意できますので座れないということは基本的にはありませんが、ご希望の位置をお選びになりたい方は早めのご予約をお勧めいたします。また、ご面倒をお掛けしますが、当日は適宜お繰り合わせの上、お席を選んで下さいますようご協力をお願い致します。
※入場時間に遅れて整理番号より後に会場内に入られた場合、たいへん恐縮ですが整理番号によるお席の優先権は保証できません。ご入場時点で空いているお席から選んでお座りいただく形になります。ご了承いただけますようお願いいたします。

◆みとせのりこ-solo band- アルバム「Round and Round」 1/7より一般販売、ご予約受付中!

jkomage

Round and Round / Noriko Mitose – solo band –
2014.11.22.より始まるみとせのりこソロバンドツアーにて先行販売!
※ツアーでの販売価格は¥2500です(一般販売は消費税8%が加算されます)

◆一般販売 1/7 に決定!アマゾンでご予約受付中!!

ツアー情報
・11/22(土) 名古屋TOKUZO(愛知)「11がつはTOKUZOでさけがのめるぞ」※盛況のうちに公演終了!
・11/23(日) 江坂MUSE(大阪)「11がつはMUSEでさけがのめるぞ」※盛況のうちに公演終了!
・11/24(月祝) 甲府桜座(山梨)「11がつは桜座でさけがのめるぞ」※盛況のうちに公演終了!
12/06(土) 吉祥寺ROCK JOINT GB(東京)「12がつはたんじょうびでさけがのめるぞ」 SOLD OUT
※当日券の有無は直前になったらおしらせできると思います
・【追加公演】12/28(日)-29(月)吉祥寺ROCK JOINT GB(東京)「歳の瀬も2DAYSでさけがのめるぞ」
ご予約受付中、残席少:公演詳細⇒http://www.snowblanc.net/?p=1002

Track List
01.風の行彷
作曲:井上俊彦 作詞:みとせのりこ
02.雨の寂
作曲:Dani 作詞:みとせのりこ
03.スイレン
作曲:壷井彰久 作詞:みとせのりこ
04.Bark at the Moon
作曲:井上俊彦 作詞:みとせのりこ
05.地上の楽園
作曲:Naruki 作詞:みとせのりこ
06.薔薇殺しのカーミラ
作曲:柳英一朗 作詞:米山玩具
07.伽藍の空
作曲:onoken 作詞:みとせのりこ
08.鬼さんこちら
作曲:井上俊彦 作詞:みとせのりこ
09.Mirage of Sands
作曲:井上俊彦 作詞:みとせのりこ
10.冬の柩~黒き王に捧ぐ
作曲:みとせのりこ/井上俊彦 作詞:みとせのりこ

*
Produced by Noriko Mitose
Directed by Akihisa Tsuboy

Vocal: Noriko Mitose
Violin: Akihisa Tsuboy
Guitars, Chorus: Mitsuhiro Ohta
Piano, Keyboards, Pianica: Shinya Sato
Bass: Dani
Drums: Masataka Suwa

Recorded, Mixed & Mastered by Dani(D-Sound)

◇4/29-30きらみかん+5/1おいたわし夜~Eggman tokyo east GW3DAYS~みとせのりこの挑戦

みとせのりこにとっての2014年最初のライヴは2/16、日比谷カタンさんとの「おいたわし夜<第二夜>」だったわけですが、そしてその翌日、ぷらりと観に行ったzabadak・吉良知彦さんの「ギターと鈴と譜面台と私」にて、本番中に急遽ステージ上を通りすがらせて頂くことになり、ハカラズもそれが今年2回目のライヴとなったわけですが、そんな今年ライヴの始まりをそのまま拡大したような企画が、イキオイと成り行きと酒の力(?)で決定いたしました。

4/29~5/1の3DAYS連続でお送りするこの企画、4/29-30の最初の2日間は

4/29-30 「きらみかん~通りすがりの人延長戦~」

吉良さんと、通りすがりの人みとせのりこ、そしてラノッホのヴァイオリニスト菅野朝子さんとの3人で送る、”主にzabadakの名曲を唄いまくりたいナイト”2DAYS
ギタスズでの通りすがりのぶっつけ参戦の楽しさが忘れられず、この続きをやらねばなるまい!と、気合のさめぬうちにお願いして実現に漕ぎつけました。みとせのりこにとっては原点回帰とも言えるライヴです。選曲も原点回帰を中心のテーマにしていこうと思いますので、どうぞお楽しみに、っていうか、実はわたしがいちばん楽しみにしています(笑)。

そして3DAYSの最終日、5/1は日比谷カタンさんとのこじらせ企画シリーズ、

SOLD OUT◆5/1 「おいたわし夜<走馬灯編>」~みとせのりこ&日比谷カタンの”こじらせ”系~

通算3回目となる「おいたわし夜」ですが、今回は<第三夜>ではなく<走馬灯編>と銘打っております。
今回のコンセプトは「回顧録編+MCバトル」。第一夜・第二夜から美味しいとこどりをしつつの総集編に勿論少しばかりの新曲もプラスして、そしてあんだけ喋ってるのに何故か「もっとMCが聞きたかった」とアンケートに必ず書かれるおいたわし夜、だったらそのお声にお応えしようではないかと(カタンさんとボトルでワイン飲みながらなんかそんな感じになってイキオイで決まりました、なんて言えない…)。
よって今回はメンバーも少しだけ趣向を変えて、日比谷カタン、みとせのりこ、そして佐藤真也の3人でお送り致します。常識的な部分でのストッパーTぼいさんを欠いたこの一夜、MCのおいたわし度が一気に増すこと請け合いです。

そしてそこに、なんと!zabadak・吉良知彦さんをゲストにお迎え致します!
いいのか吉良さん、大丈夫なのか吉良さん。zabadakのこじらせ系が聴けるのは勿論のこと、このおいたわしビッグウェーブの中、吉良さんの新しい魅力が開闢するやもしれませぬ。
皆様どうぞ震えて…じゃない、奮ってご参加下さい。MCが行き過ぎると一部の方々を篩ってしまわないか心配ですが…。

*
とにもかくにも挑戦ばかりの3日間(5/6のバンドライヴも入れたらGWになんと4回!)、「突破するっきゃないッショ!」とつぶやきながら果敢に楽しく突っ込んで参ります故、皆様是非遊びに来てやって下さい。

ご予約受付開始は全公演同時の 3/26 0時より(3/25が26になる深夜の0時です、お間違いありませんよう)。
メールスタンプの先着順による受付(受付番号はそのまま当日の入場整理番号になります)で、定員に達し次第締め切りとなります。

詳しくは各公演の案内をご覧下さい。

4/29-30 「きらみかん~通りすがりの人延長戦~」

◆5/1 「おいたわし夜<走馬灯編>」~みとせのりこ&日比谷カタンの”こじらせ”系~

◆9/20みとせのりこソロアルバム「vierge automatique~擬似少女楽園廃墟Ⅱ~」一般発売

今年の頭に「再始動」宣言しましたみとせのりこソロアルバム「vierge automatique~擬似少女楽園廃墟Ⅱ~」、進行具合はツイッターなどでも呟きつつ、特設サイトでも徐々に情報を公開しておりましたが(そして8/24のライヴでは先行販売までさせて頂きましたが!)、ブログできちんと発売日のご報告をしておりませんでしたので、今更ですが、
9/20「vierge automatique~擬似少女楽園廃墟Ⅱ~」一般発売となります。
のおしらせを。
只今アマゾンでご予約受付中です。どうぞ宜しくお願い致します。

ジャケットの球体関節人形は初代「擬似少女」の流れを汲んでそのままDollhouse Noahさんの人形を。ヴィジュアルデザインは「ヨルオトヒョウホン」のジャケットをデザインしてくれたThe Monneyless Vincent Imitation Graphicaのマエダさんです。

◆特設サイト
http://www.snowblanc.net/vierge/index.html

◆アマゾンご予約ページ
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B008RAIJR6

このアルバム、今となっては幻の(困ったことにオークションでプレミアがついてしまっていた)限定シングルCD「擬似少女楽園廃墟」(2004年)が元に…、と、うたってはおりますが、そのCDに入っていたのは実は2曲だけで(シングルなので少ないんですね)、今回その2曲もアレンジを変えたりヴォーカルは全て新たに録り直し、ミックスもし直して、2012ヴァージョンに生まれ変わっている「新録音源」となっております。
そして3曲はこれまでライヴ等では演奏したことがあっても音源化されていなかった曲を今回のためにアレンジしてもらって収録した「新録/音源初公開曲」。
残る半分の5曲はといえば、完全なる「書き下ろしの新曲」となっておりまして(1曲わらべうたの変態カヴァーが入ってますが・笑)、結局のところ全ての曲をこのアルバムのために録りおろし、ほとんどが音源としてお届けするのは初という、「リメイク曲は入ってるけど事実上はニューアルバム」というややこしいシロモノになっております(笑)。

ちなみに収録曲ごとに見ていきますと、
(8月24日の先行販売で手にして下さった方もおいでになると思いますが、一般発売はまだなので内容的な部分にはほとんど触れずに参ります)

1. vierge automatique(作編曲:Dani)
⇒書き下ろしの新曲。このアルバムの幕開のために書き下ろして頂いた賛美歌的な造語多重コーラス曲。タイトルもそのまんまなのでまさに「書き下ろし!」っていう曲ですね(笑)。

2. Mindsphere(作編曲:井上俊彦)
⇒2004年版の「擬似少女楽園廃墟」収録曲。アレンジはそのまま、ヴォーカルとミックスは今回のアルバムのために録り直し混ぜ直しました。「リレコーディング」という位置づけになると思います。

3. 百花庭園の幻影(編曲:Dani 作曲:多田遠那)
⇒2004年のイベントの際、ライヴエキシビションでのみ演奏した曲です。アレンジも変更し、今回のために全て新録。会場にいた各回30人強の方しか耳にしたことがなく、しかも今回初めて音源化された曲なので、事実上の「新曲」といっていいと思います。

4. cercueil blanc~白の柩~(編曲:遠藤成樹 作曲:多田遠那)
⇒2004年版の「擬似少女楽園廃墟」収録曲。アレンジも大幅に変更、ヴォーカルもミックスも今回のために新たにしております。これは位置づけ的には「リアレンジ」になるのかな。ORITAの相棒ナルキさんにアレンジを頼んだので、ものすごくORITA風味です。

5. 廃墟の心臓(作編曲:Dani)
⇒書き下ろしの新曲。タイトルと詞の流れは決まっていて、そのメモを渡して「プログレで。」ってお願いして書いてもらいました。タイトルを見て頂いても判るとおり、このアルバムのために書いてもらった曲です。

6. 白繭の城(編曲:鶴田萌子 作曲:みとせのりこ)
⇒珍しくみとせ作曲の新曲。みとせが今年の春ごろツイッターで呟いていた「ヒキコモリのオンナノコの唄ができてしまった」というアレです。自然発生的にうまれた曲の割にはものすごく「このアルバム用」の新曲。このCDに収録するためにアレンジもして頂きましたしね。

7. とおりゃんせ(編曲:弘田佳孝)
⇒変態アレンジのわらべうたカヴァー。「ヨルガ」ライヴの際に演奏した「ホラーとおりゃんせ」が元になっているはずですが、そこからまたかなり化け…いや進化しました。

8. 薄氷(編曲:柳英一郎 作曲:篠本さねあつ)
⇒15年近く前にみとせのりこが篠本さねあつさんという男性のシンガーソングライターに詞を提供した楽曲です。キルシェのライヴで一度だけみとせのヴォーカルで演奏されたことがあります。今回篠本さんの許可を得てみとせヴァージョンとしてリアレンジ+完全新録でのCD音源化。これは「リアレンジ+カヴァー」というのが正しいのですが、耳にする側としては「新曲」に感じられるのではないかと思います。

9. カナリヤ機械(編曲:流歌 作曲:井上俊彦)
⇒キルシェのライヴで繰り返し演奏されていたにも関わらず、何故か音源化されていなかった知る人ぞ知る曲。今回のアルバムのテーマに嵌りすぎの曲だったので、このアルバムのために新たに収録用にアレンジしてもらいました。ライヴキルシェ版からふた化けくらいしてます(笑)。この曲は位置づけが難しいですが、「キルシェの曲をみとせがセルフカヴァーしたもの、新録、初音源化曲」かな。(ややこしい…

10. 伽藍の空 (作編曲:onoken)
⇒書き下ろしの新曲。あんまりな歌詞なので人様に渡しづらく自分で曲をつけようと思っていたのですが、どう足掻いても自分ではいいメロができなかったので、餅は餅屋と思い信頼できるセンスの方にお願いしました。このアルバムのトリの曲にと思って書き下ろしていただいた「新曲」です。

という感じになっております。

みとせを昔々から知っていて下さってライヴにも来て下さっていて、「懐かしい!ずっと聴きたかったあの曲がやっとCDに!」という方もおいでになるかもしれませんが、ソロを始めてからのみとせしか主に知らない、という方にはほとんどが「初聴き」の曲になると思います。
いろんな感じ方、楽しみ方があると思うのですが、どの曲も「今のみとせ」の感性を通して新たなアルバムとして選んで揃えて収録した10

◆10/31みとせのりこPOPワークスベスト「Mille-feuille」発売

10月31日、みとせの通算4枚目のベストアルバム「Mille-feuille ~Noriko Mitose Pop Works Best~」がティームエンタテインメントより発売になります。
「Mille-feuille」は「ミルフィーユ」と読みます。お菓子の名前の方が有名なのでものすごくスウィート(笑)なものを想像されるかもしれませんが、意味は「千の葉」で、今回のアルバムタイトルとしては後者の意味の方に重点を置いています。

そしてこれがジャケット。

昨年11月にみとせの3枚目のベスト「Centifolia~Noriko Mitose Art Works
Best~」が発売になったのを憶えていて下さる方はおいででしょうか。「Centifolia」が「百の花弁」の薔薇、「Mille-feuille」
は「千の葉」、この「Mille-feuille」はその姉妹盤のような位置づけです。(なので、ジャケットも撮影は「Centifolia」と同じく人形作家のDollhouse Noahさんです。)

「Centifolia」は「アートワークスベス
ト」、全体的にプログレだったり暗黒だったりとエッジで尖った感じの曲を集めたアルバムでしたが、「Mille-feuille」は「ポップワークスベス
ト」と題し、オリジナルのみとせよりややポップで明るめ(当社比)なものを取り入れたアルバムになっています。とはいえみとせの「ポップ」ですから、究極
的には「口ずさみやすい」曲という意味が中心になります。
聴いたら何故か耳に残って思わず口ずさんでしまう、そんなフレーズが満載の曲を、ポップで可愛い曲からダークでアグレッシブな曲までずらりと集めてみました。
…もしかしたら書き下ろしの1曲がいちばんポップじゃないのかも(笑)。

収録曲はティームエンタテインメントのサイトにて公開中。ポップワークスと侮るなかれ、所詮はみとせのアルバム、けっこう意外なあの名曲もこの名曲も入ります、ふふふふふ。

アマゾンにてご予約受付中です。
Mille-feuille紹介ページ

「vierge automatiqeu~擬似少女楽園廃墟Ⅱ~」もあわせて宜しくお願い致します。