カテゴリー別アーカイブ: Live-スケジュール

[SOLD]◆11/16(金) 追加公演・幻想異国酒場 ~リュートと伝唱~ [二杯目]@吉祥寺 曼荼羅

0116_1200_600

初回はお申し込み開始3分でソールドアウト、追加公演も1時間かからずの完売というたいへん有難い始まりだった@曼荼羅『幻想異国酒場』、数多くのお声をいただき、シリーズ化が決定いたしました!

シリーズ化って言っておいて来年まで放置するのも信憑性がない、ということで、自分の主催ライヴの予定がない11月でメンバーとスケジュールを相談したところ、唯一合う日程が土日ではなく金曜になってしまいましたが、ご都合のつく方は是非また幻想の異国酒場へ一献傾けにおいでくださいませ。

ファンタジーや中世の酒場、パブを体現する企画、『幻想異国酒場』。
今回はハロウィンも終わって世の中ちょうど降誕祭(クリスマス)シーズンということで、古い賛美歌などもまじえつつ、今までどおり伝統楽器と唄で綴る伝唱と幻想から、その流れを汲む現代曲、パブに相応しい賑やかな曲まで、一夜の物語を描いて参ります。是非皆様も思い思いの幻想を託した盛装で、”国籍混交時代も混交世界観も混交の、美味しい『幻想異国酒場』”の現界に一役買っていただけたら幸甚に存じます。

エールとワインで浮世の憂さを流したら、誰もがここでは幻想の訪人(まろうど)。ドアの向こうの異国にて、皆様をお待ちしております。


◆『 幻想異国酒場 ~リュートと伝唱~ [二杯目] 』@吉祥寺 曼荼羅

とき:
11/16(金)   開場 18:30 / 開演 19:00 SOLD OUT!有難うございます

ところ:
吉祥寺 曼荼羅 http://www.mandala-1.com/access

出演:
vocal,voice:みとせのりこ
lute,hurdygurdy:久野幹史
irish flute,whistle:豊田耕三

Charge:
前売:3400円(ドリンク別) ※全席着席、座席指定なし、整理番号順入場
当日:3900円(ドリンク別) ※全席着席、座席指定なし、整理番号順入場
⇒1Drinkのオーダーが別途必要となります
※チャージ、ファーストドリンク代の精算は当日、入場時に受付にて

ご予約フォーム:http://www.mandala-1.com/reservation
ご予約受付開始日:9/20(木) 00:00~ フライング無効です、ご注意ください
※19(水)が20(木)になる瞬間の0時です、お間違いありませんよう

※お申し込み先着順受付、定員に達し次第受付終了。
※受付番号が当日の入場整理番号となりますので、よいお席をご希望の方(※「◆お席について」をご参照下さい)は早めのお申込をお勧め致します。

◆お席について
整理番号は開場時間の入場順を示すもので、会場内では自由席となります。お席は全員分ご用意しますので座れないということは基本的にはありませんが、ご希望の位置をお選びになりたい方は早めのご予約をお勧めいたします。また、ご面倒をお掛けしますが、当日は適宜お繰り合わせの上、お席を選んで下さいますようご協力をお願い致します。
※入場時間に遅れて整理番号より後に会場内に入られた場合、たいへん恐縮ですが整理番号によるお席の優先権は保証できません。ご入場時点で空いているお席から選んでお座りいただく形になります。ご了承いただけますようお願いいたします。

◆みとせのりこ2018秋「醸成の月」ツアーの歩き方

みとせのりこ秋の「醸成の月ツアー」3回の公演とそれぞれの終演後まで、せっかくのライヴを思いっきり楽しんでいただくためのご案内です。

1.各公演のタイムテーブルや、終演、閉場時間の目安について

交通手段や終電などでやはり気になる終演時間、閉場時間。帰路選びや終演後のご予定を立てる参考になさってください。

みとせのりこ醸成の月ツアー タイムテーブル早見一覧

tt ※タイトルか画像をクリックしてご覧ください

整列開始は開場の10~5分前くらいに始まります。場内ではお席は全席自由ですので、どうぞお繰り合わせにご協力ください。(※あわせて「みんなが気持ちよくすごせるためのお願い、ライヴマナーのこと」もご一読いただけますと幸いです)

ライヴハウスが初めてで「わかんないことだらけだよ~こわいよ~」っていう方は、 ライヴハウスの基本システム~ご来場、入場からオーダーなど開演前までの楽しみ方 を読んだらもう大丈夫! 安心しておいでください。

終演後は23時頃までになりますが、みとせやメンバーもフロアに降りて一杯ひっかけたり(笑)しております。終演後のこの時間の間にお声がけいただけましたら、サインなども喜んでさせていただきます。時間に限りがありますので、等しく皆様に同じくらいの時間で…になってしまいますが、楽しい時間を終演後ももう少しだけ一緒に過ごさせていただければ幸いです。(※サインや撮影などをご希望の方は「みとせライヴのローカルルール」を必ずご一読くださいますようお願いします)

2.ツアーグッズと物販について

物販は開場後から開演前、休憩中、終演後とブースを開けております。物販は会場内で行っておりますため、入場せずに物販を利用することはできません。終演後については、終演時間にもよりますが、終演後30分~45分を目安に物販をしめさせていただくことが多いです。
また、持ち込んだグッズやCDには数量に限りがあるものがございます。売り切れの場合はご容赦下さい。

 

■ツアーTシャツ 和柄Tシャツ工房 靖-sei」謹製 ※画像クリックで拡大します

S__11853846S__11853847

「鳥籠」
サイズ展開:150/S/M/L/XL
ボディカラー:デニム
プリントカラー:ライトグレー
価格:¥3000

勝手に「はーもにうす」と呼んでいる今回のツアーTシャツは鳥籠に雪花をとじこめたデザイン。版からプリントまですべてを手作業でこなす ” 和柄Tシャツ工房「靖-sei」” の手仕事が光る一枚です。丈夫で長持ち、男女どちらが着ても様になる絶妙な匙加減のデザイン。うちのライヴ Tシャツは普段着にもヘビロテできるのが自慢です!

■ゆきじるしエンブレム入り「むぎ酒グラス」  「Fine Art」謹製 ※画像クリックで拡大します

S__16121859

一般的な350ml缶や、クラフトビール・海外の瓶ビールが1本分、泡まで注いでぴったりおさまる「パイントグラス」。日本製のグラスに「Fine Art」の職人がひとつひとつ手で加工して仕上げております。京都陰陽と京都磔磔では、オーダーいただいた缶ビールや瓶ビールなどに、ライヴハウスのテーブルでそのまま使っていただくこともできます。

3.10/7(日)京都 磔磔 ヨルガ「隊歌零番」斉唱曲歌詞及び応援グッズについて

ヨルガ公式応援グッズ

■「帝都勅命軍」応援旗印作成キット

S__17571846

ライヴTシャツの制作を担当する「和柄Tシャツ工房~靖~」さんからモチーフをいただいて、小さな旗を作れるキットをつくりました。プリンターとA4の紙、割り箸をご用意ください。切って貼るだけでできあがりです。ライヴといえば「うちわ」が主流ですが、ヨルガの世界観なら「旗」でしょう! 是非この旗印をその手に掲げ、隊歌零番、共に斉唱いたしませう。終演後、御旗にサインをもらうのもアリですよ?

ダウンロード (PDF)

■「軍楽~隊歌零番~」斉唱のための歌詞

lyric

ライヴではお席の皆様も共に斉唱するのが定番となっております「軍楽~隊歌零番~」の歌詞です。当日これと同じものをお配りしますが、先んじて練習されたい方、自分専用の歌詞カードをお持ちになりたい方に。

ダウンロード (PDF)

 

※「鬼祓エ」詠唱隊の皆様のご活躍も心から期待しております。


  1. 当日のタイムテーブルやツアーグッズ、応援グッズについて(このページ)
  2. ライヴハウスの基本システム~ご来場、入場からオーダーなど開演前までの楽しみ方
  3. みとせライヴのローカルルール~皆が気持ちよく過ごすためのお願い、お席やライヴマナーのこと
  4. みとせライヴのローカルルール~サイン、お手紙、差し入れ、バータイムなど、終演後の楽しみ方について
  5. みとせライヴの魅力を述べよ。(ツイッターで皆様からいただいた感想をまとめたものです)

◆みとせのりこ醸成の月ツアー タイムテーブル早見一覧

◆10/5(金) ヒュムノス&BGMナイト~謳ってくれまいか、もあるよ~@心斎橋soma
入場前整列開始:確認中(開場10分前程度と思われます)
入場時必要なもの:イープラスのチケット+ドリンク代500円
開場時間:18:00
開演時間:19:00
※中休憩あり
終演目安:22:00頃
閉場時間:23:00~23:30予定

◆10/6(土) みとせのりこ[レア曲]詰合セ[三段重]居酒屋ナイト@京都 陰陽
入場前整列開始:17:20目安(開場10分前頃)
入場時必要なもの:整理番号とチャージ3600円+ドリンク代600円
開場時間:17:30
開演時間:18:30
※中休憩あり
終演(完全音止め)時間:22:00
⇒終演後は居酒屋営業にシフト
オーダーストップ:24:30
居酒屋営業終了:25:00

◆10/7(日) ヨルガバンド『醸成上洛』@京都 磔磔 [ ツアーFinal!]
入場前整列開始:16:50目安(開場10分前頃)
入場時必要なもの:イープラスのチケット+ドリンク代600円
開場時間:17:00
開演時間:18:00
※中休憩あり
終演(完全音止め)時間:21:00
⇒終演後ぷちナカウチ開始
オーダーストップ:23:00(フードのみ22:30)
閉場時間:23:30予定

◇8/25(土) EBP+ヨルガ joint LIVE [ 弘田祭りSP ] のしおり – 少しでも快適に楽しんでいただくために –

8/25(土) EBP+ヨルガ joint LIVE [ 弘田祭りSP ] @吉祥寺GB、愈々今週末と迫って参りました。観る方も体力の要るオールスタンディングのライヴ、少しでも快適に負担少なく楽しんでいただけますよう、皆様の「キニナルPoint」であろう部分をまとめました。
このへんどうなるんだろ?という疑問のある方は、この『EBP+ヨルガ joint LIVE [ 弘田祭りSP ] のしおり』をご参照くださいませ。

◆整理番号による時差入りについて

8月も終盤とはいえ、外は暑く道路は狭く、陽射しを遮る屋根もありません。少しでも待ち時間を少なく、スムーズに入場のご案内ができるよう、整理番号による「時差入り」とさせていただくことにしました(LivePocketでは集合時間を16:40とアナウンスしておりますが、16:40以降、10分ごとの区切りを設けます)。整理番号ごとの入場案内時間を記載いたします。LivePocketの皆様は、受付ページをご用意してお待ちいただけますと幸いです。どなたも無理なくできるだけお楽に入場できますよう。

16:30 – 植松伸夫FC予約1-
16:40 – 一般1-50
16:50 – 一般51-100
17:00 – 一般101-150
17:10 – 一般151以降

時間になりましたら順番にアナウンス致しますので、整理番号ごとの時間に合わせご来場くださいますよう、ご協力をお願いいたします。

※こちらに記載された時間より前倒しで入場案内を始めることはありませんので、番号ごとの時間に合わせて安心しておいでください。

◆出演順と終演時間、閉場時間について

開演時間は17:30、終演時間は21:00を予定しております。
※バンド入れ替えの転換が早く済めば、第二部(後攻)のスタートや終演時刻は少し前倒しになるかもしれません。必ず見たいステージ、終電のお時間など、ご都合のある方は参考にされてください。

・先攻『EARTHBOUND PAPAS17:30 ~ 18:50前後 予定
・後攻『yorlga(ヨルガ)19:30前後 ~ 20:50前後 予定
※いずれのバンドも90分以内のステージを予定しております
※バンドの入れ替えの際、少し転換のためのお時間をいただきます

21:00 終演予定
21:30 閉場予定 ※時計に関わらず「終演後30分程度」で完全閉場させていただきますす
※みとせライヴ恒例のバータイムは今回ありません

◆会場内での注意事項など

・会場内での撮影、録音、喫煙はご遠慮いただいております。(喫煙所は会場外にあります)
・今回の公演は、基本的に座席はなく全フロアオールスタンディング」になります。
※現場で体調が微妙になってしまった方や、脚や腰がお悪いなど理由があって公演途中で立ち続けていられなくなった方のために「退避席」はわずかですがご用意する予定です。お席を必要としている方のためにお声を掛けあったり譲り合ってご利用ください。

◆差し入れやお手紙について

いつもあたたかいお心遣い有難うございます。
差し入れやお手紙などは、会場内に「有難いお心遣いBOX」を設け、その横に荷札形式のタグ、ペンをご用意させていただきますので、タグに「宛名(贈り先のアーティスト名)、贈り主(ご自身のお名前)」を記載していただき、差し入れのどこかにつけてから、BOXへお納めください。責任をもって各バンド、各メンバーへ届けさせていただきます。

なお、夏ですし、会場内は暑くなることが予想されます。傷んでしまい易い「生モノ」、溶けてしまうような「冷モノ」、運び方で形の崩れてしまうような繊細なものは避けていただけますと、せっかくのお心遣いを残念なことにしてしまわずに済みますので、よろしければご留意いただけますととても安心して贈り物を受け取らせていただくことができます。よろしくお願いいたします。

◆物販について

物販は開演前・休憩中・終演後と開けております。出演者のアルバムの他、ジョイントライヴを記念して、EBP+ヨルガの公式ロゴが入ったライヴTシャツもご用意しております。丈夫で長持ち、普段着にも着易いデザインと評判のみとせライヴTシャツ、今宵のライヴの一体感と、夏のお供に是非一枚。

サイズ:S.M.L.XL ボディカラー:ヘザーブラック 価格:¥3000

S__11436043

S__11436041

S__11436042

SOLD OUT◇8/12(日) 追加公演・幻想異国酒場 ~リュートと伝唱~@吉祥寺 曼荼羅 [ カレーナイト ]

0812_1200_600お申し込み開始3分でソールドアウトというたいへん有難い展開になりましたカレーナイト@曼荼羅『幻想異国酒場』、追加公演が決定しました! お待たせいたしました!

せっかくなら少しでもカレースタンプが埋め易い日程がいいよね、ということで、夏コミの3日目にあたる8/12(日)になりました。前日 8/11(土) は夏恒例の元祖・カレーナイト@南青山MANDALAがあります。というわけで、みとせ久々の夏の2DAYSになります。ほら、カレースタンプ埋め易いでしょう(笑)。

7月の本公演のご予約にタッチの差で間に合わなかった方も、2DAYSならついでに行っちゃうぜ、もしくは海辺の聖戦から梯子だぜ!の方も、是非遊びにおいでください。

ファンタジーや中世の酒場、パブを体現する企画、『幻想異国酒場』。
古い時代のアコースティック楽器と唄で綴る伝唱と幻想からパブに相応しい曲まで、一夜の物語を描いて参ります。是非皆様も思い思いの幻想を託した盛装で、”国籍混交時代も混交世界観も混交の、美味しい『幻想異国酒場』”の現界に一役買っていただけたら幸甚に存じます。

詳しいライヴの内容は本公演のページをどうぞ!

美味しいエール(ここは実際はビールでもいいからエールと呼んでおくところ!)とカレーで浮世の澱を浄い流したら、誰もがここでは幻想の訪人(まろうど)。ドアの向こうの異国にて、皆様をお待ちしております。


◆MANDALA GROUP Presents ”みとせのりこと歩くMANDALAカレー行脚の旅 2018”
『 幻想異国酒場 ~リュートと伝唱~ 』@吉祥寺 曼荼羅

とき:
8/12(日)   開場 18:00 / 開演 18:30

ところ:
吉祥寺 曼荼羅 http://www.mandala-1.com/access

出演:
vocal,voice:みとせのりこ
lute,hurdygurdy:久野幹史
whistle:豊田耕三

Charge:
前売:3400円(ドリンク別) ※全席着席、座席指定なし、整理番号順入場
当日:3900円(ドリンク別) ※全席着席、座席指定なし、整理番号順入場
⇒1Drinkのオーダーが別途必要となります
※チャージ、ファーストドリンク代の精算は当日、入場時に受付にて

ご予約フォーム:https://goo.gl/forms/kcwnPX9fyip6oyT53 (今回は予約戦士直接対決方式です
ご予約受付開始日:3/29(木) 23:00~
※いつもより1時間予約開始時間が早いです、お間違いありませんよう。

※お申し込み先着順受付、定員に達し次第受付終了。
※受付番号が当日の入場整理番号となりますので、よいお席をご希望の方(※「◆お席について」をご参照下さい)は早めのお申込をお勧め致します。

◆お席について
整理番号は開場時間の入場順を示すもので、会場内では自由席となります。お席は全員分ご用意しますので座れないということは基本的にはありませんが、ご希望の位置をお選びになりたい方は早めのご予約をお勧めいたします。また、ご面倒をお掛けしますが、当日は適宜お繰り合わせの上、お席を選んで下さいますようご協力をお願い致します。
※入場時間に遅れて整理番号より後に会場内に入られた場合、たいへん恐縮ですが整理番号によるお席の優先権は保証できません。ご入場時点で空いているお席から選んでお座りいただく形になります。ご了承いただけますようお願いいたします。

◇キネマ・イン・ザ・ヨルガ~甲府桜座旅のしおり~【番外編】

せっかく甲府に来たわけですし、ちょっと観光したり買い物したり美味しいもの食べたりしたい、という方に、みとせの狭い行動半径でピックアップできているちょっといいところ紹介です。

・藤村記念館(甲府駅前、洋館)

8225_01甲府駅北口側目の前のの広場にある擬洋風の可愛い洋館。小学校だった建物を移築したものだそうです。入館無料、撮影可能。洋館の中でも擬洋風建築が大好きなみとせとしてはテンションの上がる素敵な場所です。内観や窓も可愛い。
http://www.yamanashi-kankou.jp/kankou/spot/p_8225.html

 

・山梨県庁(甲府駅近く、洋館)

2102-m024-06甲府駅から桜座側の出口を出て割と近くにあります。県庁に用事なんかないと思われるかもしれませんが、すごくいい古い建物なんです。誰でも入れますので、散策するだけでも価値ありですよ。画像はこちらにたくさん載ってます。
http://kenchiku228.blog85.fc2.com/blog-entry-213.html
あーんど、山梨県庁、昨年こんな猫スポットとしてのニュースにもなってました。
http://www.sankei.com/premium/news/161120/prm1611200011-n1.html

・山梨に点在する藤村式建築【疑洋風建築】 – NAVER まとめ https://matome.naver.jp/odai/2140171318237417301
そして実はけっこう山梨って儀洋風の洋館がたくさんあるんです。どこかに情報まとまってないかな、と思ったらありました。横着して記事にリンクでごめんなさい~。

⇒中央線特急で「松本」まで行く気があれば、見所満載の旧開智学校もありますが…(たぶんtaikaちゃんが写真撮ってたとこ)
http://www.hamanoyu.co.jp/p5df24299/

・Hops And Herbs [ ホップス アンド ハーブズ ](桜座並び・クラフトビール)

20170526225430アウトサイダーブルーイング直営のビアバー。場所は桜座の並び、というか空き地をひとつ経てほぼ隣(笑)。土日祝は昼の12時~24時まで営業しているので、開演前でも閉場後でも飲むことができます。店舗は2階ですが、1階の扉を覗くと醸造所がガラス越しに見えて、できたてのビールが飲めるのを実感(あとメカメカしくて個人的に萌える)。桜座に個人でライヴを観に行ったらみとせも絶対ここで一杯(いや何杯か…)引っ掛けてます。
公式:http://outsiderbrewing.jp/
この記事が判りやすいかな。http://www.yamaonsen.com/entry/hops_and_herbs

・甲州夢小路(甲府駅北口徒歩3分・ショップモール)

pict_08甲州の城下町を再現した建物に、甲州のいろんないいところを詰めたショップが入ってます。安価でワインを試飲できる店、信玄餅の店、濃い味で美味しいアイスクリームの店、葡萄のスイーツの店、和雑貨の店、鉱石アクセサリーの店(実は山梨、水晶の産地で有名)…などなど。コンパクトにまとまっているのでお土産を買うのにも便利。そして密かな推しはここの「小さな蔵の美術館」。アンティークジュエリーの所蔵がとんでもないのです。アンティーク系の服飾が好きな方なら500円でおなかいっぱい満足できます。
公式:http://koshuyumekouji.com/

 

・SADOYAワイナリー(甲府駅北口5分・ワイナリー見学、試飲など)

pict_01 甲府駅北口からほんの5分歩くと駅近とは思えない建物と施設がどーんとあります、SADOYAワイナリー。前述の「甲州夢小路」のすぐ近く。地下のワイナリーを見学できたり(要申し込み・500円)、試飲コーナーや売店もあります。地下のワインセラーは地下室萌えやホラー好きにはたまらない景観ですよ…わたし行ったとき、ちょっと変な笑い出たもん(笑)。勝手に動いていいわけではなく、案内してくれる方がついていろいろ説明してくれるんですが、説明が手馴れすぎててちょっと某ネズミの国のお城のミステリーツアーを彷彿とします。試飲できる銘柄にはなかったかもしれませんが、SADOYAのワインには「シャトーブリヤン・ミュール」という名前のものがあって、アルトネゴゴロをくすぐります。
公式:http://www.sadoya.co.jp/winery/
ワイナリーはこんな感じ:http://koshuyumekouji.com/walk/003.html

・サントリー白州蒸留所(小淵沢・ウイスキー工場見学、試飲)

hakushu_top甲府駅から新宿方向に戻るJR中央本線で40分くらいの「小渕沢」という駅にあります、サントリーの白州工場。白州ハイボールでおなじみの質のいいウイスキー。蒸留所の見学及び試飲などができます。見学(要予約)は有料コース・無料コースといろいろあります。わたしは行ったことが残念ながらないんですが、行った人は口を揃えて「樽とウイスキーの馥郁たるかほりが漂っていてここは天国かと思った」と言います。蒸留酒のお好きな方は是非。
公式:http://www.suntory.co.jp/factory/hakushu/info/
参考に試飲までのレポートブログ:https://ameblo.jp/genkimatsumaru/entry-12189436267.html


  1. 当日のタイムテーブルや公式応援グッズについて
  2. 一期市のご案内
  3. 【番外編】みとせの個人的おススメぷち観光スポット、洋館&アルコホルどころ(このページ)
  4. ライヴハウスの基本システム~ご来場、入場からオーダーなど開演前までの楽しみ方(桜座版)
  5. みとせライヴのローカルルール~皆が気持ちよく過ごすためのお願い、お席やライヴマナーのこと
  6. みとせライヴのローカルルール~サイン、お手紙、差し入れ、バータイムなど、終演後の楽しみ方について
  7. みとせライヴの魅力を述べよ。(ツイッターで皆様からいただいた感想をまとめたものです)